アップル、ベトナムでのMacBook生産を計画 早ければ23年5月にも

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業編集部お勧め記事注目記事

アップル、ベトナムでのMacBook生産を計画 早ければ23年5月にも

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米アップルが、2023年にもノートパソコン「MacBook」の生産の一部をベトナムに移す計画を進めていることが分かった。

関係者によると、アップルは早ければ23年5月にもベトナムでのMacBook生産を開始する計画で、すでに同社最大のサプライヤー、鴻海(ホンハイ)精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン)を指名しているという。MacBookの生産拠点は現在のところ、中国のみにある。

アップルは、中国以外にも主要製品ラインの生産拠点を設ける取り組みを進めてきたが、ノートパソコンのサプライチェーンは複雑なため、MacBookが最後に残されていた。

フォックスコンはこの件に関するコメントを控えている。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録