TikTokを通して米記者の個人情報を不正取得 バイトダンス、関わった従業員を解雇

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業編集部お勧め記事注目記事

TikTokを通して米記者の個人情報を不正取得 バイトダンス、関わった従業員を解雇

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

動画投稿プラットフォーム「TikTok」の親会社、中国IT大手のバイトダンス(字節跳動)の従業員がTikTokを利用し、米記者2人のユーザーデータを追跡し、個人情報を不正取得していたことが明らかになった。ロイター通信の12月22日の報道を受け、中国メディア「鳳凰網科技」なども報じた。

同社は社内メールでこの事実を認めている。データの不正取得に関わった従業員4人の勤務地は米国と中国で、全員がすでに解雇されたという。

フォーブスはこれに先立つ10月、バイトダンスがTikTokを通じ、特定の米国市民のデータを監視していると報じた。同社は当時これを否定していた。

米国は個人情報の保護を重視しており、企業が個人情報保護に関する法律に違反した場合、厳しい制裁が科される。Facebookは2019年、個人情報保護の不備を巡り、50億ドル(約6600億円)という史上最高額の制裁金を科されている。

米議会下院は12月23日、2023会計年度(22年10月~23年9月)の歳出法案を可決した。TikTokのほか、バイトダンスやその子会社が開発・提供する全てのアプリやサービスを、米政府が所有する機器から排除する法案「No TikTok on Government Devices Act」も盛り込まれた。

米国では現在、50州のうち19州が、政府の端末からTikTokへのアクセスを少なくとも部分的にブロックしている。これらの規制の大半は、過去2週間以内に導入されたものだ。

*22年12月26日のレート(1ドル=約133円)で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録