中国、新型コロナ対策を1段階引き下げ 23年1月8日から入国時の隔離措置など撤廃へ 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集注目記事

中国、新型コロナ対策を1段階引き下げ 23年1月8日から入国時の隔離措置など撤廃へ 

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国政府は2023年1月8日から、新型コロナウイルス感染症の管理対策上の分類を、最も厳しい甲類から1段階下の乙類に引き下げる。

中国国家衛生健康委員会は12月26日の公告で、従来の呼称「新型コロナウイルス肺炎」を「新型コロナウイルス感染」に改めると発表した。また、これまで新型コロナウイルス感染症に適用されてきた「中華人民共和国伝染病予防法」の規定による甲類感染症の予防・管理措置を、23年1月8日に解除すると明らかにした。新型コロナウイルス感染症は「中華人民共和国国境衛生検疫法」が規定する検疫感染症管理の対象からも外される。

23年1月8日からは、感染者に対する隔離措置や濃厚接触者の判定が撤廃される。また、中国への入国者は、出発前48時間以内に受けたPCR検査の結果が陰性であれば、中国大使館・領事館に健康コードを申請する必要はなくなり、税関の健康申告書に検査結果を記入すれば入国可能となる。入国者全員に対するPCR検査および集中隔離措置も撤廃される。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録