中国BOE、iPhone 15向けディスプレーで最大のサプライヤーに 韓国サムスンを敗る

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国BOE、iPhone 15向けディスプレーで最大のサプライヤーに 韓国サムスンを敗る

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米アップル製品に詳しい著名アナリスト、郭明錤(ミンチー・クオ)氏は1月4日のブログで、中国ディスプレー大手の京東方科技集団(BOE)が、2023年下半期の発売が予想される「iPhone15」および「iPhone 15 Plus」向けディスプレーの大半を受注したと明らかにした。

クオ氏によると、BOEが今後数カ月間で開発・生産を順調に進められれば、iPhone15および15 Plus向けディスプレーの出荷シェアが約7割となり、約3割の韓国サムスン電子を抑えて最大のサプライヤーとなる見込みだという。BOEは、iPhone 14シリーズでは6.1インチモデルのディスプレーしか受注しておらず、22年のiPhone向けディスプレーの出荷シェアは12〜15%にすぎなかった。

BOEは24年、iPhoneの上位機種向けに低温多結晶酸化物(LTPO)ディスプレーの大量出荷を開始する見込み。サムスンとLGディスプレイもサプライヤーとして名を連ねてはいるが、仮にBOEが24年下半期に上位機種向けLTPOディスプレーの2〜3割を受注し、下位機種向けディスプレーで約7割の出荷シェアを維持できれば、24年の新型iPhone向けディスプレーで最大のサプライヤーになる可能性がある。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録