中国新興EV23年1月販売台数:理想汽車が1万5000台超で1位 、その他は低迷

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ特集編集部お勧め記事注目記事

中国新興EV23年1月販売台数:理想汽車が1万5000台超で1位 、その他は低迷

lixiang

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の主要新興電気自動車(EV)メーカーが、2023年1月の販売台数を発表した。新エネルギー車(NEV)購入補助金政策が22年12月31日に終了したことに加え、春節(旧正月)の大型連休(1月21〜27日)の影響もあり、ほとんどのメーカーが前月比、前年同月比で販売台数を減らした。そんな中、理想汽車(Li Auto)だけは好調を維持し、前月比で23.4%増を実現した。23年1月の販売台数トップ5は以下の通り。

1位:理想汽車  1万5141台

理想汽車の1月の販売台数は、前年同月比23.4%増の1万5141台だった。これまでの累計販売台数は27万2475台となった。同社は現在、SUV(多目的スポーツ車)タイプの「L9」と「L8」に加え、2月8日に発表したばかりの新型SUV「L7」を展開している。

2位:NIO 8506台

蔚来汽車(NIO)の1月の販売台数は、前年同月比11.9%減の8506台だった。第2世代技術プラットフォームを採用したSUVの「ES7」およびセダンの「ET7」と「ET5」が好調で、3車種の合計販売台数が全体の85.6%を占めた。

3位:NETA  6016台

2022年の「ダークホース」と呼ばれた哪吒汽車(NETA)の1月販売台数は、前年同月比45.4%減の6016台となった。このうち、SUVの「哪吒V(NetaV)」は3487台、「哪吒U(NetaU)」は1012台、セダンの「哪吒S(NetaS)」は1517台だった。

4位:小鵬汽車  5218台

小鵬汽車(XPeng Motors)の1月の販売台数は、前年同月比59.6%減の5218台となった。このうち、新型SUV「G9」は2249台と全体に占める割合が拡大した。その他の車種は2968台だった。

5位:零跑汽車  1139台

零跑汽車(Leap Motor)の1月の販売台数は1139台で、前月比、前年同月比ともに80%以上減少した。これまでの累計販売台数は16万5142台となった。

中国新興EV22年12月・年間販売台数:理想汽車が2万台超で1位  年間チャンピオンはNETA

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録