中国新興EV22年12月・年間販売台数:理想汽車が2万台超で1位  年間チャンピオンはNETA

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集編集部お勧め記事注目記事

中国新興EV22年12月・年間販売台数:理想汽車が2万台超で1位  年間チャンピオンはNETA

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の主要新興電気自動車(EV)メーカーが、2022年12月の販売台数と年間販売台数を発表した。22年12月の販売台数トップ5は以下の通り。急成長を続ける中国の新エネルギー車(NEV)市場の実勢を反映し、各社ともに12月の販売台数は非常に好調だった。しかし、NEV購入補助金政策が22年12月31日に終了したことを受け、今後は新たな市場環境と課題に立ち向かうことになるだろう。 

中国新興EV11月納車台数:理想汽車は過去最高 小鵬汽車は依然振るわず

1位:理想汽車  2万1233台

理想汽車(Li Auto)の12月の販売台数は、前年同期比50.7%増の2万1233台と単月販売台数で過去最高を更新した。22年の年間販売台数は前年比47.2%増の13万3246台となった。

2位:NIO 1万5815台

蔚来汽車(NIO)の12月の販売台数は、前年同期比50.8%増の1万5815台と、こちらも単月販売台数で過去最高を記録した。このうち、第2世代技術プラットフォームを採用したSUV(多目的スポーツ車)タイプの「ES7」とセダンタイプの「ET7」「ET5」が引き続き好調で、3車種の合計販売台数は前年同期比83%増の1万3127台となった。22年の年間販売台数は前年比34%増の12万2486台だった。

3位:小鹏汽車  1万1292台

小鵬汽車(XPeng Motors)の12月の販売台数は、前月比94%増の1万1292台となり、7月以来の1万台超えを達成した。22年の年間販売台数は前年比23%増の12万757台だった。

4位:零跑汽車  8493台

零跑汽車(Leap Motor)の12月の販売台数は8493台。22年の年間販売台数は前年比154%増の11万1168台となった。

5位:NETA  7795台

2022年の「ダークホース」と言われる哪吒汽車(NETA)の12月の販売台数は7795台。22年の年間販売台数は前年比118%増の15万2073台となった。うち海外販売台数は3456台だった。年間販売台数において、新興ブランドとして初めて首位に立った。

中国EV「哪吒汽車」、年間販売台数15万台超見込む、新興メーカーで初

(36Kr Japan 編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録