アップルはAR / VRメガネの開発チームを解散?次の突破口はどこにあるか

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス注目記事

アップルはAR / VRメガネの開発チームを解散?次の突破口はどこにあるか

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

台湾メディアの「DigitalTimes」によると、アップルはAR / VRメガネの開発チームを解散させた。 アップルはこれに対してコメントを発表していないが、チームリーダーのAvi Barzeev氏は今年2月からすでにAppleを去っていたことをLinkedInの情報でわかった。

プロジェクトは中止された主な理由は、「現在の技術が成熟していないため、目指すARメガネの軽さを実現できない、ネットの速度も十分ついていけない‥」と業界専門家が推測。これがAR/VRヘッドセットの従来の課題だが、アップルでもその解決策が見つからないのだ。

アップルはAR装置に対して非常に高い期待を寄せており、2017年に発売された「ARKit」はその意思を示している。CEOのティム・クックも公的な場で楽観的な態度を何度も表明した。さらにアップルは今年の開発者会議「Worldwide Developers Conference」でARディバイスをリリースすると海外メディアが推測していた。

CNBCの報道によると、同社は今年1月に自動運転チームProject Titanに属する200人近くのエンジニアを解雇したそうだ。 AR分野では依然として特許を多数出しているが、短期間で大きな突破口を開くのが困難であることは明らかになった。

iPhoneはまだ世界で最も収益性の高いスマートフォンだが、出荷台数は減少している。インドと中国の市場が縮小しつつあることは、アップルを不安にさせているのだ。世界最大の時価総額を誇るアップルは、次の機会を掴むことができるのか。

(AI翻訳)

 

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録