テスラ上海ギガファクトリー、4月の納車台数7万5千台超

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社大企業注目記事

テスラ上海ギガファクトリー、4月の納車台数7万5千台超

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米電気自動車(EV)大手テスラは、上海ギガファクトリーの4月の納車台数が前年同月比50倍の7万5842台になったと発表した。

同社の中国研究開発チームによるイノベーション成果の創出は、テスラが中国市場での足場を固めるのに寄与している。4月にはEV向けの家庭用充電器「サイバーボルト」を発表。中国で開発、設計、製造し、中国のユーザーに合わせた仕様となっている。家庭駐車スペースの充電設備として使用できるだけでなく、本体を取り外して持ち運ぶことも可能で、外出先でもコンセントがあれば充電できる。

このほど訪中した同社のデビッド・ラウ車両ソフトウエア担当バイスプレジデントは、上海研究開発イノベーションセンターが完成車や充電器などで自主開発を続けていると語った。

テスラが中国本土に設置した急速充電設備「スーパーチャージャーステーション」は5月初め時点で1600カ所余りとなり、スーパーチャージャーは計1万基を超える。普通充電設備「デスティネーションチャージャーステーション」は700カ所余りで、デスティネーションチャージャーは2千基余りとなる。

4月には上海に大型蓄電システム「メガパック」の生産工場を建設する計画も発表している。年間1万台の生産を予定しており、蓄電規模は40ギガワット時近くに上る。製品は世界へ出荷される。(新華社上海)

テスラ、23年1−3月の販売台数42万台超 値下げ戦略で過去最高記録

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録