VRシステム「NOLO」が16億円調達、5G時代到来で爆発的成長見込む

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス注目記事

VRシステム「NOLO」が16億円調達、5G時代到来で爆発的成長見込む

続きを読む

モバイルVR(仮想現実)・AR(拡張現実)用インタラクション技術を手掛ける「NOLO(北京凌宇智控科技)」がこのほど、シリーズA+で1億元(約16億円)規模の資金調達を行ったことが分かった。リード・インベスターは「愉悦資本(JOY CAPITAL)」、コ・インベスターは「藍馳創投(BLUERUN VENTURES)」と「盛景嘉成母基金(Peakview Capital)」が務めた。調達資金はVR向けインタラクション技術の開発と事業展開に充てられる。

NOLOは2015年設立のVR向けインタラクション技術に特化したテクノロジー企業。研究開発に投じた金額は累計1億元(約16億円)を超え、中国内外で125件の特許を取得したほか、主要12カ国へ出願中の特許もある。

同社はモバイルVR向け6DoF(6自由度)対応モーショントラッキングキット「NOLO CV1」と、同製品に搭載されているVRアプリケーションプラットフォーム「NOLO HOME」を開発した。NOLO CV1は市販のスマホ用VRヘッドセット、PC用VRヘッドセット、一体型VRヘッドセットと組み合わせて使うことができる。活用場面としては、価格、プライバシー、電力消費、CPU使用率の面で適応範囲が狭いため、固定された場所が想定されており、主に家庭やオフィスなどで利用するエンドユーザー向けの製品だ。同製品を使うことで、VRゲームをワイヤレスで手軽かつスムーズに楽しむことができ、価格は1~2千元(約1万6000~3万2000円)台となる。

NOLOは広範囲、多人数に対応するモーショントラッキングキットの開発も進めている。新製品がまもなくリリースされる予定だ。

同社は米グーグル、華為技術(ファーウェイ)、小米(シャオミ)、動画配信サービス「愛奇芸(iQIYI)」、テレビメーカー「創維(スカイワース)」など各方面の企業と提携することで、消費者向け市場を開拓している。企業向けでは教育、文化・観光、不動産などの分野に同社製品が導入されている。さらに、通信事業者大手の中国移動(チャイナモバイル)、中国電信(チャイナテレコム)との提携も複数の省・市で行われている。NOLO製品のユーザーは現時点ですでに世界70の国・地域に広がっている。

同社CEOの張道寧氏はVR産業について、5G時代にはVRディスプレイがテレビやスマホと同様の一般的なディスプレイとなり、インフラの一角を占めるようになるのは間違いないとの認識を示した。VRディスプレイのうち、6DoF対応インタラクション機能を搭載するものが20%前後を占め、VRでのインタラクションが垂直的かつ細分化された競争分野になる可能性があるという。また1、2年以内に軽量、手軽、ファッショナブルで安価なVRゴーグルが大量に市場に出回るとし、「5G時代到来により、VR市場は数十倍という爆発的な成長期を迎える」との見通しを示している。
(翻訳・池田晃子)

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手