Luckin Coffee 上場後初の決算発表 純損失が103億円まで拡大

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

投資注目記事

Luckin Coffee 上場後初の決算発表 純損失103億円まで拡大

続きを読む

8月14日、Luckin Coffee(NASDAQ:LK)が上場後初の成績表を公表した。

財務報告書によると、Luckin Coffeeの第2四半期の売上高は9億910万元(約136億円)で、前年比648.2%増。ブルームバーグが予測した9億900万元(約136億円)とほぼ一致した。 そのうち、コーヒー製品の売上高は8億9700万元(約135億円)で、商品の月平均売上は2760万元(約4億1640万円)。

純損失は前年同期の3億3300万元(約50億円)の約2倍に相当する、6億8130万元(約103億円)となった。損失が拡大を続けた理由は、「補助金による急速な市場独占」という同社の市場戦略によるものだ。超低価格でコーヒーを販売し、Lucking Coffeeの累積ユーザー数は、前年同期の290万人から2280万人に急増した。

新規ユーザーの増加に伴い、Luckin Coffeeの店舗拡大率も極めて高くなっている。今期会計期間中の同社の所有店舗数は2963で、前四半期の2370から374.8%も増加した。同社の計画では、2019年末までに合計4500以上の店舗を開設し、スターバックスを超えて中国最大のコーヒーチェーンブランドとなり、2021年末までに10000店舗を目指す。

しかし、会社は資金を投入しつづけるだけでなく最終的には利益を考えなければならない。この四半期の財務報告で、Luckin Coffeeは利益に関する計画に初めて言及した。今年の第3四半期に、店舗運営の損益分岐点に向かって動くという。

Luckin Coffeeの激しい拡大戦略には、市場からの批判があったが、ウォール街は依然として楽観的だ。決算報告書をリリースする前に、同社が米国SECに提出した文書によると、ウォール街のトップヘッジファンドPoint72がLucking Coffee株の保有を増やし、その保有率は5%を上回った。ブルームバーグのデータによると、米PV大手のキャピタル・グループと.、カタールの政府系ファンド「カタール投資庁(QIA)」が、それぞれ15.57%、7.77%を保有している。

本件記事が発表された時点では、Luckin Coffeeの株価は23.45ドル(約2500円)で、時価総額は57億900万ドル(約6050億円)だった。同社は、今年の第3四半期までにコーヒー製品の総収益が13億5000万元(約204億円)に達すると予想している。(翻訳:Ai)

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手