TikTokのバイトダンス、新たなAI部門「Flow」設立 LLM導入のアプリ開発に特化

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

EXCITEのRSSに登録大企業注目記事

TikTokのバイトダンス、新たなAI部門「Flow」設立 LLM導入のアプリ開発に特化

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国ネット大手のバイトダンス(字節跳動)がこのほど、新たに人工知能(AI)アプリの開発部門「Flow」を設立した。複数の関係者が36Krの取材で明らかにした。

Flowがこのほど発表した採用情報によると、同部門はバイトダンス傘下のAI開発事業チームで、すでに国内向けに「豆包」、海外向けに「Cici」という2つのAIアプリを公開している。現在は、複数のAI関連の革新的なプロダクトを開発中だという。

36Krは2023年2月、バイトダンスが大規模言語モデル(LLM)チームの組織に着手したと報じた。TikTokのプロダクト技術責任者・朱文佳氏が陣頭指揮をとり、言語モデルと画像モデルの開発に注力していることも、関係者への取材で明らかにしていた。

中国のLLM市場には現在、バイトダンスやアリババグループ、テンセント(騰訊控股)、バイドゥ(百度)などの大企業だけでなく、スタートアップ企業も参入し、しのぎを削っている。今後はAIアプリの分野で激しい競争が繰り広げられるとみられる。

バイトダンスは、TikTokなど数々の人気アプリで知られ、消費者向けの「スーパーアプリ」を大量に生み出す能力を備えていることから「アプリ工場」とも呼ばれる。LLM時代に突入した現在、バイトダンスはLLMの分野でも力を発揮するとみられ、市場の期待感が高まっている。

中国の大規模言語モデル、政府が一般公開を承認 第1弾はバイドゥやアリババなど11社の激戦

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録