アリババ、東南アEC大手ラザダに約900億円を追加出資 23年の出資は計2600億円超に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

EXCITEのRSSに登録大企業

アリババ、東南アEC大手ラザダに約900億円を追加出資 23年の出資は計2600億円超に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国電子商取引(EC)大手のアリババグループはこのほど、東南アジアの同業で子会社の「Lazada(ラザダ)」に6億3400万ドル(約900億円)を追加出資したことが分かった。2023年のラザダへの出資額は計18億ドル(約2600億円)を超えた。

ラザダは12年に設立され、シンガポールに本社を置く。現在は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの東南アジア主要6カ国で事業を展開している。

アリババは16年にラザダを買収し、17年には10億ドル(約1400億円)を出資して持ち株比率を83%とした。18年には20億ドル(約2800億円)、22年には16億ドル(約2300億円)余りを追加出資した。

アリババとの連携を本格的に深めて以降、ラザダは物流インフラを強化し続けている。現在は、東南アジア主要6カ国の17都市に、少なくとも30の倉庫と「ラストワンマイル」のための配送センターに加え、3000カ所以上の荷物受け取り場所を設置している。

ラザダの21年のアクティブな消費者は1億3000万人、月間アクティブユーザー数は1億5900万人に達した。

競争激化の東南アジアEC市場、大手ラザダがアリババから約1200億円を調達

*2023年12月16日のレート(1ドル=約142円)で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録