中国雑貨大手「名創優品」、米国100号店をオープン 海外事業が急拡大

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

EXCITEのRSSに登録大企業注目記事

中国雑貨大手「名創優品」、米国100号店をオープン 海外事業が急拡大

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の大手雑貨チェーン「名創優品(MINISO、メイソウ)」はこのほど、米国100号店をオープンした。

同店舗はフロリダ州オーランドの巨大モール「ザ・フロリダ・モール」内に開設され、サンリオやディズニーなどの人気IP(知的財産)とコラボした新商品を含め、トレンドを捉えた生活雑貨1000種類以上を提供する。

名創優品は2023年7〜9月期の海外店舗の純増数が126店となり、20年以降では四半期ベースで最多の海外出店数となった。世界の店舗数はすでに6000店を超えている。

“脱日本化”進む中国雑貨チェーン「名創優品」が好業績、世界における店舗数は6000店を突破

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録