リチウムイオン電池大手「寧徳時代」:地方政府と共同で西部新エネルギー産業基地建設へ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

リチウムイオン電池大手「寧徳時代」:地方政府と共同で西部新エネルギー産業基地建設へ

続きを読む

自動車用などのリチウムイオン電池を研究開発する「寧徳時代新能源科技(CATL)」が、四川省宜賓市と戦略パートナーシップを締結した。今後寧徳時代は動力電池プロジェクトを担当し、新エネルギー電池産業チェーン全体の体系化を推し進め、四川を足掛かりに中国西南地域から中国全土に波及させ、「一帯一路」構想に基づく西部新エネルギー産業基地を建設する計画だ。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手