ChatGPT導入でeバイクをよりスマートに。中国URTOPIA、シリーズAで16億円超を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

ChatGPT導入でeバイクをよりスマートに。中国URTOPIA、シリーズAで16億円超を調達

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スポーツタイプの電動アシスト自転車(eバイク)ブランド「URTOPIA」を運営する「哲輪科技」がこのほど、シリーズAで1000万ドル(約16億円)超を調達した。ベンチャーキャピタルのForebright(光遠和声)、デジタルマーケティング大手の易点天下(Eclicktech)および政府系フォンドの桐郷市金桐基金の3社が、工合基金(Kongho Fund)とBrizan Venturesのほか既存株主のDCM資本なども参加した。

URTOPIAは2021年に設立され、中国のサプライチェーンとAIoT(AI+IoT)技術を強みに、主力製品のeバイクやアクセサリーを欧米向けに輸出している。同社のeバイクはデザイン性だけでなく、スマート機能も充実している。盗難対策の移動アラームやデータ追跡などの機能を備えるほか、米OpenAIの対話型AI「ChatGPT」にも接続できる。

創業者の張波CEOによると、音声アシスタント「URTOPIA GPTs」は、ユーザーが「もう疲れたよ」と声をかけると、eバイクのスピードやギアを自動で調整してくれるほか、目的地までナビゲーションする機能なども備えている。

未来系eバイクUrtopia、11億円超調達 脱炭素が追い風

*1ドル=約162円で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連記事はこちら

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録