ソフトバンク出資の印ライドシェア大手「Ola」:ロンドン進出を発表

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ソフトバンク出資の印ライドシェア大手「Ola」:ロンドン進出を発表

続きを読む

ソフトバンクが出資するインドのライドシェア大手「Ola」がロンドンへの進出を準備中であり、ロンドンでのドライバーの登録手続を開始したと発表した。米配車サービス大手Uberが現地のロンドン交通局(TfL)に営業免許を取り消されたのは、まさにこの発表前日だった。Olaは12月にロンドンでの試験営業を開始し、2020年1月中旬には本格的にサービスをローンチさせたい意向だとの匿名の情報もある。英国内でOlaはすでにバーミンガム、リバプール、エクセターなどを含む8都市で営業を行っている。『(新浪財経)』

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手