アルゼンチンのモバイル決済企業「Uala」、ソフトバンクとテンセントから約164億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アルゼンチンのモバイル決済企業「Uala」、ソフトバンクとテンセントから約164億円を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

モバイル決済サービスと融資プラットフォームを提供しているアルゼンチンのフィンテック企業「Uala」がシリーズCで1億5000万ドル(約164億円)を調達した。リード・インベスターは中国IT大手テンセント(騰訊控股)とソフトバンク・ラテンアメリカ・ファンド。
米テック系メディア「TechCrunch」の報道によると、Ualaは2018年、にゴールドマン・サックスのベンチャーキャピタル(VC)部門、米VCの「Ribbit Capital 」、ブラジルVCの「Monashees」がリード・インベスターを務めるシリーズで3400万ドル(約37億円)を調達している。またテンセントは今年3月にも出資を行っているが金額は未公開。現時点で公表されている同社の調達資金総額は1億9400万ドル(約212億円)に達しているという。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手