Apple Store、中国向け2019年度ベストアプリをノミネート

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

Apple Store、中国向け2019年度ベストアプリをノミネート

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

12月24日、Apple Store中国は、2019年度のベストローカルアプリおよびゲームの候補リストを発表した。選ばれたのは合計4つのアプリケーションと24のゲームだ

Apple Storeベストローカルアプリ・ゲームのこれまでの傾向としては、基本的にはインディーズ系の作品がメインで、インターネット大手が手掛けるものはほとんどリストアップされておらず、今年も例外ではない。これは、App Storeの公平性及び開発者に対するサポートの姿勢の表れと見られる。 

今年のベストアプリ候補は以下の通りである。

1.咔嗒(KADA):AIによる画像処理のアプリ。ワンクリックで画像の加工・修復ができ、「怠け者フレンドリー」なアプリとして知られている。 App Storeの平均評価は4.7。

2.懒飯(LANFAN):初心者向けの料理レシピアプリ。 すべてのレシピが1分間のビデオとして制作され、誰でもすぐに料理が始められる。 App Storeの平均評価は4.9。

3.GoodNotes 5:iPad向けの有料ノートアプリだが、人気が続いている。iPadで手書きによりメモ、PDF、Word、PPTを作成できる。 App Storeの平均評価は4.8。

4、迷鹿音楽少兒ピアノ(迷鹿音乐少儿钢琴):子供向けの楽器学習アプリ。小さなバーチャル人形がレッスンのパートナーとなる。遊ぶ感覚で知識を習得することで高評価。App Storeの平均評価は4.9。

2018年以降、Appleは中国の開発者向けのベストアプリとゲームをリリースするようになった。昨年の4つの選出作の中で、写真・動画アプリ(FocosNOMO)は2つ、教育アプリ(洪恩バイリンガル絵本)は1つ、業務効率化アプリ(Sorted)は1つたっだ。 ノミネートされた4つのアプリはすべて、ユーザーエクスペリエンス(UX)に優れた作品で、シンプルな操作で非常に使いやすいというのが共通の特徴である。

※アイキャッチ写真は「迷鹿音乐少儿钢琴」

(翻訳・Ai)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録