税控除延長は期待薄 テスラとGMへの打撃となるか

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

税控除延長は期待薄 テスラとGMへの打撃となるか

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国政府は電気自動車(EV)購入に対する補助金をさらに削減することを検討しているという。一方、アメリカでも自動車メーカーが難関に直面している。

テスラとゼネラル・モーターズ(GM)は米国において20万台以上の新エネルギー車を販売する自動車会社として、電気自動車の税額控除の改革に大きな期待を寄せている。

2010年、米国会は電気自動車の購入者に対し最大7500ドル(約82万円)の連邦税控除策を打ち出した。ただし、自動車メーカーの累計販売台数が20万台に達した場合、税控除額は次の4四半期で50%ずつ減額され、段階的に終了する仕組みとなっている。

テスラは、2018年第3四半期に20万台の販売を達成し、それに次いでGMも第4四半期にその数値を達成した。

税控除を継続するよう、テスラとGMは前述の政策の修正を懸命に要望している。以前、米議会上院の超党派議員団が、EV購入に対する税額控除を拡大する法案を提出したが、議会ではトランプ大統領との交渉が行き詰まり、暗礁に乗り上げた。

データによると、今年第3四半期の米国国内市場におけるテスラの収益は、前年同期の51億3000万ドル(約5600億円)から39%減の31億ドル(約3390億円)となった。

このまま行くと、テスラとGMはそれぞれ2019年第4半期及び2020年第1四半期で優遇措置を完全に受けられなくなり、価格における優位性を失ってしまうだろう。

(翻訳・Ai)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録