シャオミ系のスマートウェアラブル機器メーカー「華米」、6つのスマートフィットネス関連製品を発表ーCES2020

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ編集部お勧め記事注目記事

シャオミ系のウェアラブル機器メーカー「華米」、6つのスマートフィットネス関連製品を発表ーCES2020

Amazfit

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

シャオミ(小米科技)のスマートウェアラブル機器パートナーである、スマートウエアラブル機器メーカーの「華米科技(Huami)」は、スポーツ用ワイヤレスイヤホン「Amazfit PowerBuds」、アウトドアスマートウォッチ「Amazfit T-Rex」、家庭用スマートフィットネス機器「Amazfit HomeStudio」、家庭用折り畳みスマートランニングマシン「Amazfit AirRun」、睡眠用スマート耳栓「Amazfit ZenBuds」、ベーシックモデルのスマートウォッチ「Amazfit Bip S」の6つのフィットネス関連製品を発表した。

Amazfit PowerBudsは華米初のスポーツ用ワイヤレスイヤホンで、ルビジウム磁石を採用したハイエンドの複合発振器を搭載するとともに、スポーツシーンに合わせたリズム強化モードがあり、重低音を強化することができる。またPPG心拍数センサーを搭載し、運動中の心拍数をモニタリングし、異常がある場合は音声で通知がされるほか、IP55レベルの防水仕様で、ノイズキャンセリング機能も備えている。

 Amazfit T-Rexは1.3インチの「AMOLED」を採用したアウトドアスマートウォッチで、高温・低温・高湿度環境でも使用に耐える設計だ。また50メートル防水仕様で、通常モードにおける最大待機時間は20日となっている。ソニー製のGPSとGLONASS対応したマルチGNSSチップを搭載し、高精度測位を実現している。

Amazfit HomeStudioは運動モニタリングと指導システムを備えた家庭用スマートフィットネス機器であり、スマートフィットネスベースユニットの「Smart Gym Hub」とランニングマシンで構成されている。Smart Gym Hubの正面は56インチのスタンドミラーになっており、ユーザーは運動中の自分の動きを確認することができる。また43インチのLCDディスプレイも備えており、トレーニングプランや映像を再生することができる。

(翻訳・普洱)

 

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録