2019年1月−10月中国投資市場データ テンセントが「ビッグプレイヤー」へ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

VC編集部お勧め記事注目記事

2019年1月−10月中国投資市場データ テンセントが「ビッグプレイヤー」へ

原文はこちら

メールマガジンに登録

続きを読む

一、2019年1月-10月の中国新規市場の取引額は約5842億元(9兆3000億円)

産業関連データ分析プラットフォーム「JINGDATA(鯨准)」の情報によると、2019年1月ー10月、中国の新規発行市場では約3427件の取引が発生し、取引金額は約5842億1100万元(9兆3000億円)となった。

例年の実績からすると、今年の投資環境は明るいとは言えない。 2019年全体の投資取引件数は2014年前のレベルに下がる見込みである。また、投資金額も2016年以前のレベルまで減少する可能性がある。

二、企業向けサービス、医療・ヘルスケア分野が人気

2019年2月-10月、企業向けサービスに関する取引数は812件と発表され、総取引件数(2972件)の約27%を占めている。
医療・ヘルスケア分野では少なくとも494件の取引があり、全体の16.7%を占めている。

三、2019年上場企業数は過去6年間で最低

公開された情報によると、2019年1月ー10月の間、上場を完了した会社は計230社ある。数からいうと、これまでの6年間で最も少ない。

また、同期間では約774社がM&Aを実施。通年で見ると、今年のM&A数は最終的に1000件にとどまり、昨年と同じ水準となる見込みだ。

四、テンセント&アリババ、投資市場の「ビッグプレイヤー」へ

2019年、テンセント(騰訊)とアリババ(阿里巴巴)が、投資界の重要なプレイヤーになりつつあった。

公開データによると、2019年1月ー10月、テンセントは少なくとも56件の投資取引に参加し、その取引数は同時期の市場取引量(3427件)の1.6%を占めている。取引額は約491億5000万元(7800億円)で同時期の市場取引総額の8.4%を占めている。

一方、アリババは少なくとも25件の取引に参加しており、合計金額は約547億3000万元(8700億円)で、市場総額の9.3%を占めている。

上記2社が関与している投資額は合わせて1000億元(約1兆6000億円)を超えたとのことで、市場の総取引額の約18%を占めている。

<2019年1月ー10月、テンセントの中国国内における投資情報データ>

<2019年1月ー10月、アリババの中国国内における投資情報データ>

また、テンセント、アリババのほか、ファーウェイ(華為科技)が新興バイヤーとして頭角を現してきている。2019年4月、ファーウェイは、「哈勃科技投資会社(Harbo Technology Investment)」を設立し、資本金を7億元(約110億円)とした。ファーウェイの投資先は、半導体企業及び人工知能(AI)がメインとなっている。

(翻訳・Ai)

原文はこちら

メールマガジンに登録

関連キーワード

メールマガジンに登録