中国無人型経済分野の有料企業TOP20

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

中国無人型経済分野の有料企業TOP20

36氪研究院重磅发布「中国无人经济领域最具潜力企业TOP20」榜单 | 一榜看遍无人经济新风向

资本的春风吹过共享经济,现在又来到了无人经济,使之成为今年下半年最热的风口之一。无人便利店、办公室货架、自助贩售机、自助健身房、自助洗车、迷你KTV、智能快递柜、无人按摩椅、娃娃机、照片打印机等等,涉及人们生活的方方面面,提供新锐便捷的生活方式。36氪从截至2017年9月27日,所有成立的无人经济领域的企业中,选出最具发展潜力的头部企业,向其发出调研征集,评选出「中国无人经济领域最具潜力企业TOP20」榜单。

无人经济,主要指的无人值守服务,是基于智能技术,在新零售、娱乐、生活、健康等消费场景下实现的无导购员和收银员的服务。相比较有人值守服务,商家会省下部分人力成本,消费者也会获得效率便捷的服务体验。

根据36氪研究院的研究,无人值守服务主要包括四类,覆盖人们生活的诸多细分领域。其中无人零售类主要包括便利货架/货柜、自助贩售机、无人便利店等;娱乐类主要包括迷你KTV、娃娃机、照片打印机等;生活类主要包括自助洗车、智能快递柜等;健康类主要包括自助健身房无人按摩椅等。一共有十余类之多。

据鲸准数据库(原36氪创投助手)数据显示,无人经济领域正处于资本关注的风口之一。以其中最受关注的无人零售领域为例,我国现在共有138家无人零售企业,其中57家获得融资,总融资额为48亿4730万人民币。其中种子轮10家,天使轮22家,Pre-A8家,A轮10家,A+轮3家,其他轮次4家,可以看出,目前无人零售领域仍处于中早期,但已成为资本热投的风口,相信未来也会有更广阔的想象空间。

36氪研究院重磅发布「中国无人经济领域最具潜力企业TOP20」榜单 | 一榜看遍无人经济新风向

行业现状

在36氪研究院9月底开展的无人经济用户调研中我们发现了以下无人经济领域的八大特征:

无人经济的四大类型中,无人零售领域最受资本和消费者关注;十大细分领域中,听说过或使用过自助健身房的人最少,但最想尝试的人最多;媒体在推介新业态上起到核心作用,同时线下实体自带流量;既有用又有趣的无人经济更易吸睛;六成消费者愿意为无人经济花费30元以下金额,完全不愿意为无人经济花钱的仅近4%;无人经济的主力消费人群为大城市的互联网白领;小区社区是最具需求的无人零售场景,地铁、火车站等交通枢纽第二,写字楼第三;受访者存在看重无人经济的效率和价格属性等三类主要观点。(PS:文末附有无人经济八大特征详解、本次无人经济用户调研图解无人零售研究报告阅读入口。)

总的来说,作为中国最具影响力的新商业媒体,36氪认为,无人经济的快速发展,背后是消费者要求更快速便捷、品质多元的需求升级,资本的看好也助力着这一新锐市场的长足发展。我们有理由去期待,中国无人经济领域目前正孕育着巨大的平台级机会,来给人们提供更便捷、更品质的生活方式。

36氪研究院重磅发布「中国无人经济领域最具潜力企业TOP20」榜单 | 一榜看遍无人经济新风向

方法论

根据鲸准数据库的数据显示,无人经济在2013-2016年经历了萌芽发展,在2017年迎来爆发式发展,除去涌现出的创业公司,电商、零售等巨头也纷纷布局。目前无人经济领域涉及无人零售、娱乐、生活、健康四大类,分布在十个细分领域,投资人正持有很大热情,消费者也十分关心这一与自身生活密切相关的领域。

四大类型中无人零售领域资本最为集中,创业公司数量也是最多。无人零售中的办公室货架细分竞争最为激烈,已有果小美和番茄便利合并案、猩便利和51零食并购案等。其中有一批在短时间内迅速成长的初创企业,如哈米科技、猩便利等,值得消费者和投资人关注。整体而言,无人经济目前正处于快步增长的黄金期。

经过梳理,36氪从截至2017年9月27日,所有目前中国成立的无人经济领域企业中,选取了最具发展潜力的头部企业,对于其中发展潜力较佳的候选企业发出调研征集。在这场角逐中,有20家企业以更强的前瞻性、专业性和资本表现成为这一领域的最具潜力者。

「中国无人经济最具潜力企业TOP20」榜单的评选维度从企业本身创新发展实力出发,通过关注公司运营数据、产品创新性、市场占有率以及资本市场表现等四个维度对无人经济领域的头部企业进行综合评分。本次评选核心关注无人经济企业的发展潜力,因此我们仅对所有B轮及B轮以前的企业进行评分(也包括少量未融资但很优秀的头部企业)。

以下为「中国无人经济领域最具潜力企业TOP20」获奖榜单:(以首字拼音为序,排名不分先后)

36氪研究院重磅发布「中国无人经济领域最具潜力企业TOP20」榜单 | 一榜看遍无人经济新风向

「中国无人经济领域最具潜力企业TOP20」榜单

36氪研究院重磅发布「中国无人经济领域最具潜力企业TOP20」榜单 | 一榜看遍无人经济新风向

以下为中国无人经济领域最具潜力企业TOP20获奖理由:

36氪研究院重磅发布「中国无人经济领域最具潜力企业TOP20」榜单 | 一榜看遍无人经济新风向

中国无人经济领域最具潜力企业TOP20获奖理由(以首字拼音为序,排名不分先后)

F5未来商店

F5未来商店是一家利用机器自动化结合算法替代人工的24小时智能无人便利店。这里无需服务员,店内的烹饪、冲调饮品、取货、结算、库存盘点、清洁工作均由机器自动完成。门店商品品类覆盖鲜食、冲饮、百货等。F5探索未来零售与餐饮的商业空间,重构人与商品的连接场景。项目获得TCL、创新工场投资。

缤果盒子

从2016年开始缤果盒子不断在无人零售领域践行。从无到有设立了全套购物流程和商业模式体系,打造效率最高的零售渠道。通过前台无人化、后台数据化提高交易效率、降低交易成本。未来将继续加快部署落地复制的速度,让更多的用户体验使用无人零售服务。

非洗不可

非洗不可开发了自助快洗车解决方案,是无人值守的智能硬件网点。车主用户通过手机就能随时随地使用服务。两年时间内在全国130+城市建立了1000+洗车服务站点,为100万+车主用户提供多快好省的快洗服务,日均产生约10000个订单。目前行业市场占有率第一,并且市场正在快速扩大,与加油站、开放社区等线下场景的合作已经打通。目前正处于Pre-A轮融资阶段。

丰巢科技

丰巢科技首创柜机自助寄快递,致力于研发运营最优质的智能快递柜,破解快递最后100米难题,实现“24小时任性寄、格口计费更优惠”。服务于全行业末端快件运营,打造全方位开放共享自助智能平台。目前已完成25亿元A轮融资,由鼎晖领投,国开、钟鼎、熠遥等跟投,原股东继续追加投资。

功夫豆

南京功夫豆信息科技有限公司,定位共享打印平台,首推的手机照片打印平台全国点位已达40000个,累计用户数突破5000万,打印照片接近3亿张。凭借强大的地推能力和行业资源整合能力,一年时间内成为手机照片打印领域的领先者,并于2017年4月获得分众传媒战略性投资、9月获得昆仲资本A轮投资。

果小美

果小美网络科技有限公司成立于2017年,是国内领先的办公室无人值守新零售模式的引领者,开创了办公室消费场景的新模式。果小美通过为企业搭建自助式便利店而提升员工的幸福指数及归属感,以及对公司的满意度。公司创立之初,即获得著名投资机构IDG资本领投的数千万人民币投资,及蓝驰创投、IDG资本领投的1000万美元融资。2017年10月,果小美与主打智能零售货柜的“番茄便利”实现战略合并,加速在无人便利和办公室新零售领域的布局和发展速度,继续巩固在无人便利领域的领先优势。果小美CEO阎利珉为原阿里巴巴聚划算总经理,原美团智能餐厅事业部总经理殷志华担任总裁,原美团COO干嘉伟担任新公司的战略顾问。

哈米科技

哈米由京东、新美大及快消品高管创办,更早看到了新零售的巨大潜力,哈米魔方自推出后,受到企业广泛青睐,已入驻全国一线城市3000多个办公室,服务白领近200万次。哈米与易果全面合作,在原来代餐、饮品等基础上,为白领提供了水果、酸奶、果汁等健康食品,显著提升了企业幸福度和员工归属感。

咖啡零点吧

零点空间科技(北京)有限公司是一家致力于将传统产业智能、互联网化、并予以综合运用的物联网公司。以“咖啡零点吧”(自助式智能现磨咖啡吧)为起点的,自助式智能人机交互售卖设备的运营服务商。“咖啡零点吧”有现磨咖啡智能自助售卖系统、一站式物流配送系统、云平台智能远程操控管理系统、消费者会员系统。

乐刻运动

乐刻运动是国内行业领先的互联网O2O运动健身平台,依托于“教练脱媒”和“场地共享”的核心创新理念,用大数据重构人、货、场三者关系。目前已经在8个城市实现布局,拥有200多家线下门店,服务半径覆盖全国 1000个社区,7000多家企业,数百个商业,并成为坪效最高、客户留存率最高的行业领先者。

乐摇摇

深圳乐摇摇公司自2015年9月成立以来,完成四轮共计1.6亿元融资,在娃娃机支付领域拥有二十万台设备入口,月支付流水超过1.5亿,市场占有率超过80%,同时掌握多项核心技术,拥有数十项软硬件专利。

摩摩哒

摩摩哒是国内规模最大的共享按摩椅品牌。服务网点覆盖全国超300个城市,成熟服务于70%千万票房以上的影城,并与万达院线、星轶影城、CGV影城、华联院线,浙江时代等国内重点院线影城达成了战略合作。产品上摩摩哒也一直致力创新。今年上半年推出了全球首创内厅按摩椅,以及最近推出的摩摩哒迷你智能按摩椅。10月摩摩哒将推出新场景新零售共享体验式货架,很好的实现从体验到购买的路径。同时,摩摩哒作为共享行业的领航者,希望在为更多用户提供更好服务的同时也能为行业树立标杆建立标准,确保共享行业健康有序的发展。

每日优鲜便利购

每日优鲜便利购已引入包含热储柜在内的全温区货架组合,在商品品类上率先引入生鲜和餐食,同时利用每日优鲜完善的冷链物流体系,将商品配置到前置仓,由对应前置仓自营配送员进行补货,做到每日一补或者两补。目前已在北京、天津、上海、杭州、深圳等城市进行点位拓展,未来两月内,将覆盖全国多数1-2线城市,完成1.5万个高品质点位的覆盖。目前市场占有率在15%左右,单点销售额150-200元。其母公司每日优鲜是国内生鲜电商的巨头之一,近日宣布在便利购项目战略投入3亿人民币,目前资金已到账。

咪哒miniK

咪哒miniK是国内首款原创高品质、碎片化的新声代迷你KTV,通过创新的音乐娱乐产品及形式,在音乐产业中开辟了一个全新的品类及行业,国家文化部以此将迷你歌咏亭纳入文化娱乐产业,高度认可了咪哒开创的这一新型业态。目前咪哒miniK已在全国300多个城市落地布局,忠实用户超过1400万,市场占有率位居行业第一,并且规模正在快速扩大。

觅跑

觅跑创立了国内第一台自助运动仓,是无人健身行业的开创者、领跑者。目前稳定用户1万+,客单价50左右,市场占有率达95%以上。公司创立之初半个月内连续获得由经纬、合鲸、信中利、猎鹰联合投资的2500万两轮融资,估值过亿,9月份获得由国家中小企业发展基金领投、前两轮投资方全部跟投的7500万A轮融资,目前公司估值5亿人民币。

魔盒CITYBOX

魔盒CITYBOX引领着全新的购物模式,最大特点是可以为用户提供个性化商品,即根据每位用户不同的消费喜好,价格定位也随之改变。在资本市场上,魔盒的表现也颇为不俗,A轮完成1500万美元的融资,全国运营点位也已签约2000家,未来一年更是计划投放50000台。

深兰科技

深兰科技是著名的人工智能基础研究和应用开发企业,是人工智能推动零售升级领域行业公认的行业领导者,40多位博士硕士组成的核心技术团队大多来自海外名校,拥有2项世界大赛第一名和3项国内大赛第一名的成绩,致力于智能零售、自动驾驶、智能机器人方面的研发,其中facepay、quiXmart快猫、takego无人零售、metamind猫蜜管家都是零售升级重要产品。

天使之橙

上海巨昂投资有限公司是一家集农业、工业、零售的三合一全产业链平台型企业。旗下明星产品智能现榨橙汁终端——天使之橙,首创“工厂前置”理念,还原生活本身的“健康、新鲜”。目前5000多台终端已经入驻全国176个城市及辖区,每年耗橙量逾5万吨,累计服务超过1亿人次,市场占有率超90%。近期已完成4亿元B轮融资。未来,“天使之橙”将以橙汁为主线加速三产融合,重点布局现制现售全品类无人便利,提供最完整的便利解决方案,全线进入无人经济市场。

小e微店

小易到家成立于2015年6月,是一家专注于新零售领域的创新移动电商企业。公司推出的“小e微店”平台,基于移动互联网和LBS定位技术,为用户提供无人值守、自助购物的消费场景,用户可通过手机扫码,移动支付,自助完成购物,免去传统门店的排队收银环节,极大提升了用户的购物体验。“小e微店”目前主要分布在高端写字楼、科技园区,为众多白领用户提供距离最近、最便捷的服务,同时基于用户的消费数据,“小e微店”进行大数据挖掘,为消费品的商品渠道、市场营销提供了精准的决策依据。凭借“小e微店”的创新模式,小易到家荣获 2016年度北京十大商业品牌创新品牌奖。目前小易到家已获著名风险机构投资,公司员工超过300人,在北、上、广、深等多个城市进行了布局,并与众多知名零售企业、品牌渠道商形成战略合作伙伴关系,为上百万用户提供了方便快捷的购物服务,目前处在Pre-B轮。

猩便利

今年6月成立的猩便利,截至9月办公室无人便利架触点已破万,覆盖15城。通过“便利·蜂窝”模式,形成店架协同的全新业务模式,满足用户500米范围的即时消费需求。目前猩便利在办公室无人便利架领域已成为市场占有率第一的实力玩家,并在资本市场备受青睐,其超亿元天使轮融资创新零售最大天使轮规模。

友唱M-Bar   

娱乐消费产业化升级的历史背景下, “全民消费”释放出庞大的市场需求,伴随新消费群体的崛起,个性、碎片及社交成为新的趋势。友唱在极具前瞻的战略指导下,仅一年时间,就以“我们只生产快乐”的品牌核心理念,开辟出新的轻娱乐高地,并催生不菲的品牌价值,撬动了巨大的商业影响力,是当之无愧的行业开拓者与领路人。

36氪研究院重磅发布「中国无人经济领域最具潜力企业TOP20」榜单 | 一榜看遍无人经济新风向

无人经济八大特征&一张图读懂无人经济

特征一:无人零售领域最受资本和消费者关注

根据36氪研究院的用户调研,在无人经济四大类型中,28.65%的消费者希望在无人经济时代享受无人零售服务,28.47%倾向于生活服务,20.5%倾向于健康,19.07%倾向于娱乐,1.88%都不需要,其他的占1.43%。同时,根据鲸准数据库,我国现在共有138家无人零售企业,其中有57家获得融资,共吸金48亿4730万人民币。

特征二:听说过or使用过自助健身房的人最少,但最想尝试的人最多

无人经济十大细分领域中,自助贩售机、无人便利店和迷你KTV最耳熟能详;自助洗车、自助健身房最不为人知,使用过的人也最少。同时,自助贩售机、智能快递柜、照片打印机的使用者最多。最想尝试的无人经济形态的前三分别是:自助健身房、无人便利店和自助洗车。

特征三:媒体在推介新业态上起到核心作用,同时线下实体自带流量

根据36氪研究院的用户调研,在得知渠道上,大家最早得知无人值守服务的渠道近四成是媒体,37%是因为在线下看到无人经济实体,身边人介绍的11%,商家广告10%。可以看出媒介在宣传介绍新业态上起到重要作用,同时,很多消费者会在线下看到无人经济实体时选择尝试,这说明线下实体其实本身就自带流量。

特征四:既有用又有趣的无人经济更易吸睛

根据36氪研究院的用户调研,在最初使用原因上,38%受访者的最初使用原因是因为无人经济提供的服务方便快捷,近34%是因为好奇,近9%是因为有优惠,近4%是因为朋友推荐。

特征五:六成消费者愿意为无人经济花费30元以下金额,完全不愿意为无人经济花钱的仅近4%

根据36氪研究院的用户调研,在单次消费金额方面,六成受访者更倾向于为无人经济业态单次花费30元以下,这与无人经济企业的客单价是非常匹配的,无人经济一次客单价最贵也就三十左右。

特征六:无人经济的主力消费人群为大城市的互联网白领

根据36氪研究院的用户调研,大城市的互联网白领更愿意尝试无人经济。年龄63%是18-29岁的年轻人;受教育程度97%是大专、大学本科、研究生及以上学历;行业62%集中于互联网软件、文化广告传媒和金融法律咨询;地区85%在直辖市和省会;收入67%在0-12000元之间。

特征七:小区社区是最具需求的无人零售场景,地铁、火车站等交通枢纽第二,写字楼第三

根据36氪研究院的用户调研,23.63%的受访者认为在小区社区需要无人零售服务,20.94%认为在地铁、火车站等交通枢纽需要,20.75%认为在写字楼需要,15.27%认为在商场需要,8.65%认为在办公室需要,电梯间占4.51%,都不需要的0.48%,其他占0.38%。

特征八:效率派、点赞派和羊毛党

根据36氪研究院的用户调研,受访者存在三类主要观点。第一类受访者认为“效率才是硬道理”:近八成赞同无人经济会让生活更加便捷高效;近六成认为无人经济会让生活更有品质;八成以上的受访者认为无人值守服务可以帮助商家节省人力成本。

第二类受访者“毫不犹豫点赞”:近六成受访者表示会第一时间体验无人值守服务;七成以上受访者认为无人值守服务科技含量高;六成以上受访者认为无人值守服务会长期存在;接近六成受访者表示会推荐身边人使用。

第三类被访者热衷“薅羊毛”:85%受访者表示会在优惠力度很大时选择尝试无人经济;接近六成受访者表示当发现无人经济收费更高时,不会继续使用;近五成受访者表示不觉得无人值守服务会让生活成本增加,同时有三成表示无所谓。36氪研究院重磅发布「中国无人经济领域最具潜力企业TOP20」榜单 | 一榜看遍无人经济新风向

注:扫码即可码上阅读《无人值守,“码”上就走 | 无人零售研究报告》

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

シェアリングエコノミーに吹いていた投資の春風が、現在では無人型経済に吹き、これは今年の下半期の注目分野の一つとなっている。無人コンビニ、オフィスコンビニ、自動販売機、無人型スポーツジム、自動洗車マシン、ミニKTV、スマート無人ロッカー、無人マッサージチェア、UFOキャッチャー、写真プリンターなどが人々の生活に関わり、生活に便利さを与えている。36Krは2017年9月27日までに、無人型経済分野の企業から発展潜在性の高いトップ企業を選び、調査とデータ収集を行い、「中国無人型経済分野の最も潜在性の高い企業TOP20」のランキングを発表した。

無人型経済とは、主に無人の管理サービスを意味する。スマートインテリジェンスを用いて、小売、娯楽、生活、健康なとの消費において無人の売買サービスを実現するものである。有人の管理サービスと比較すると、企業は人的コストを削減でき、消費者も効率的で便利なサービスを得ることができる。

36Kr研究院によると、無人管理サービスは主に4つに分類され、人々の生活に関わる様々な部分をカバーしている。うち、無人販売はオフィスコンビニ、自動販売機、無人コンビニなどがある。娯楽類は主にミニKTV、UFOキャッチャー、写真プリンターなどである。生活関連は、主に自動洗車マシン、スマート無人ロッカーなどである。健康類は無人型スポーツジムや無人マッサージチェアなどである。

JINGDATA(元36Kr創投助手)によると、無人型経済分野は、現在多くの投資家の注目が集まる分野の1つとなっている。わが国には現在138社の無人型販売企業があり、そのうち57社は融資を受けておりその融資額の合計は48億4,730万元に達する。そのうち、種子輪10社、天使輪22社、Pre-A8社、A輪10社、A+輪3社、その他が4社となっている。(訳者注:種子輪、天使輪、Pre-A、A輪、A+輪とは融資の規模を表す。種子論は規模が最も小さく、A、B、C・・・と進むごとに融資規模が大きくなる)。このことから分かるのは、現在の無人販売分野は、投資家の注目が集まる対象となっており、将来の発展する可能性が大きいということである。

業界の現状

36Kr研究員が9月末に無人型経済利用者を対象に行った研究では、無人型経済に8つの特徴があることが分かった。

無人型経済の4つの分類の中で、無人型販売の分野が、最も資本と消費者の注目を集める分野となっている。細分化された10分野のうち、無人型スポーツジムの利用が最も少なく、また一方で利用希望者が最も多くなっている。メディアは新事業の展開に核心的な役割を果たし、同時にオンラインでのトラフィックを抱えている。有益で興味深い無人型経済は注目を集めている。60%以上の消費者は無人型経済に30元以下の金額を支払うことを求め、全く支払いたくないという消費者は僅か4%である。無人型経済の主な消費者は大都市のIT企業のホワイトカラーである。地域のコミュニティなどでは無人型の販売のニーズが高まっており、地下鉄や地上の駅などの交通拠点、オフィスビルなどが続いている。取材によると、無人型経済には効率と価格などの3点を判断基準にしているようである。(補足:文末には無人型経済の特徴の解説がある。ここでは序文として無人型経済の利用者の調査研究図解と調査研究報告に触れている)

中国で最も影響力のある事業媒体である36Krとして、総合的に言うと、無人型経済の急速な発展の背景には、消費者がより早く手軽なサービスを求め、多角的な品質を求める需要が急速に高まり、投資家もこの新興市場の十分な発展を求めていたことにあると考えている。

方法論

JINDATAデータによると、無人型経済は2013~2016年に発展の初期段階を迎え、2017年に急速に発展した。企業の創業以外にも、Eコマース、小売などの巨大企業も営業を開始した。現在、無人型経済は無人小売、娯楽、生活、健康といった4つの分野にまたがり、それは更に10に細分化され、投資家の熱い視線を集め、消費者も自身の生活に関連する分野に非常に関心を集めている。

4つの分類のうち、無人販売の分野は投資が最も集中し、起業数も最も多くなっている。無人販売のうち、オフィスコンビニの分野が最も競争が激しく、果小美と番茄便利の間には合併の話もある。また、猩便利の51零食への買収の話もある。そのうち、如哈米科技、猩便利などの一部の企業は短期間で急速に成長し、消費者や投資家の注目を集めている。全体的には、無人型経済は急速に成長する黄金時代を迎えている。

データ整理を経て、36Krは2017年9月27日までに、中国の現時点の無人型経済分野の企業のうちで、最も潜在性の高いトップ企業を選び、それらの企業に対して調査とデータ収集を行った。この競争の中で、20社は最も将来性と専門性があり、投資の動きを見ても無人型経済分野において最も潜在性が高くなっている。

「中国無人型経済 最も潜在性の高い企業TOP20」ランキングのランク付けの方向は、企業自身の革新的な発展の実力を基にし、会社の経営データ、製品のイノベーション、市場シェア及び、投資市場の動きなどを4つから無人型経済分野の企業を総合的にランク付けした。今回のランク付けは、無人型経済の企業の発展潜在性に特に注目している。そのため我々はB輪及びB輪より前段階の企業に対してランク付けしている。(一部は未融資の優秀なトップ企業を含む)。

中国無人型経済の分野 最も潜在性の高い企業TOP20受賞理由(順番はピンイン順)

F5未来商店

F5未来商店は機械のオートメーション生産アルゴリズムを利用し、人員を代替した24時間スマート無人コンビニである。ここでは従業員は必要なく、店内の調理、飲料の提供、品出し、生産、棚卸し、清掃などは機械で自動的に行われている。店内商品は生鮮食品、飲料、生活必需品などである。F5は将来的に小売と店内飲食可能な空間の提供を試み、消費者と商品を繋ぐ環境を再構築しようとしている。こちらはTCL、創新工場の融資を受けている。

缤果盒子(Bingo Box)

2016年に缤果盒子は無人販売の分野で営業を開始した。ゼロから設立された全方面物流とビジネスモデルにより、最も効率的な販売チャネルを構築した。フォアグラウンドの無人化とバックグラウンドの効率化の向上により、コストを大幅に下げた。将来的は安定化と拡大を行い、多くの消費者に無人販売のサービスを体験してもらう予定である。

非洗不可

非洗不可は自動洗車マシンを開発した。これは無人で管理されるスマート店舗である。車のオーナーは携帯で何時でも何処でもサービスの利用が可能である。2年間に全国の130以上の都市に1,000以上の無人の洗車サービス店舗が作られ、100万以上のオーナーがより素早くコストも安い洗車サービスを体験し、1日あたりの注文は約10,000件に達する。市場シェアは現在No.1で、市場自体も急速に拡大し、ガソリンスタンドや開放的なコミュニティなどとオンラインで協力を結んでいる。投資はPre-A輪の段階である。

豊巣科技(HIVE BOX)

豊巣科技は初めてロッカーによる無人型の宅配ロッカーサービスを開始し、優良なスマート無人宅配ロッカーとして、宅配の最後の100mという難題を解決し、“24時間宅配サービス、無人ロッカーのお得感”を実現した。全ての業界の宅配便の末端営業を開始し、全方位型の開放的で共有可能な自動スマートプラットフォームを構築した。現在では25億元のA輪の融資が完了し、鼎晖領投、国開、鐘鼎、熠遥なども続いて投資を行い、既存の株主も追加投資を行う。

功夫豆

南京功夫豆信息科技有限公司は、プリンタープラットフォームのシェアを行う業態に位置づけられ、携帯の写真のプリントプラットフォーム拠点は既に全国40,000箇所に達し、累計ユーザー数は5,000万を突破し、プリントされた写真は3億枚に達している。強大なプロモーション能力と業界的な資金力により、1年で携帯写真のプリント分野でトップとなり、2017年4月には分衆伝媒(Focus Media)の戦略的融資を受け、9月には昆仲資本のA輪の融資を受けた。

果小美

果小美網絡科技有限公司は2017年に成立し、国内でのオフィスの無人コンビニをリードし、オフィスの消費環境に新しい方法を築き上げた。果小美は、企業のために無人型のコンビニを作り上げ、企業スタッフの幸福度指数と企業への帰属意識を高め、企業への満足度を高めた。会社設立当初から著名な投資機構であるIDG資本領投の数千万元の融資を受け、その後は蓝驰創投、IDG資本領投的の1000万米ドルの融資を受けた。2017年10月、果小美とスマート無人棚を展開する“番茄便利”戦略的合併を実現し、無人コンビニと無人オフィスコンビニの分野で事業展開のスピードを加速している。今後も無人コンビニの分野でその先駆者としての優位性を確立する。果小美CEO閆利珉氏は元アリババの聚劃算の総経理であり、元原美団智能餐厅事業部の総経理であった殷志華が総裁となり、元美団COOの干嘉偉氏が会社の戦略顧問を担当する。

哈米科技

哈米は京東、新美大及び快消品の幹部が設立し、早くから新しい販売分野の潜在性を見抜いていた。営業開始から企業の大きな注目を集め、現在は全国の1線都市に3,000カ所のオフィスを持ち、ホワイトカラー向けサービスは延べ200万回に達している。哈米は易果と全面的に協力し、代替食品、飲料等を基礎に、ホワイトカラーへ果物、ヨーグルト、果汁などの健康食品を提供し、企業の幸福度と従業員の帰属意識を高めている。

咖啡零点吧

零点空間科技(北京)有限公司は伝統的な産業のスマート化、IT化に注力し総合運用するインターネット企業である。“咖啡零点吧”(自動スマート珈琲館)を起点として、自動のスマートマンマシン販売設備を運営している。“咖啡零点吧”にはコーヒーを入れる自動販売システムがあり、一括型の販売物流システム、クラウドプラットフォームのスマート遠隔操作システム、消費者の会員システムがある。

楽刻運動

楽刻運動は、中国でITによるO2Oスポーツジムを運営している。「コーチなし」と「利用者間の共有」を核心的な理念として、ビックデータを利用して人、物、場所の関係を再構築した。現在8つの都市で事業を行い、200店舗以上の支店があり、サービス範囲は全国1000ものコミュニティ、7,000社余りの企業、数百の会社拠点にまたがり、坪あたりの売上額が最も高く、リピーター率も最も高い企業のリーダーとなっている。

楽摇摇

深セン楽摇摇公司は2015年9月の成立以来、四輪の1.6億元の融資を受け、UFOキャッチャーを200,000台市場に導入し、月間支払い額は1.5億元を突破し、市場シェアは80%を超え、複数の革新的技術を抑え、数十種類のソフトとハードの特許を保有している。

摩摩哒

摩摩哒は中国国内で最大規模のシェアリングマッサージチェアのブランドを保有している。サービス拠点は全国の300以上の都市にまたがり、70%の興行収入1,000万元を超える映画館にサービスを提供し、万達院線、星轶影城、CGV影城、華連院線、浙江時代等の国内の重点映画館チェーンと戦略的協力関係を結んでいる。摩摩哒の製品は継続的なイノベーションに力を入れている。今年の上半期に世界で始めてロビー用のマッサージチェアを発表し、最近では摩摩哒ミニスマートマッサージチェアを発表した。10月に摩摩哒は新しい環境で新販売のシェアリングタイプの販売棚を発表する。摩摩哒はまたシェアリング業界の先駆者として、多くの消費者に、より多くのサービスを提供し、業界の基準を確立し、シェアリング業界の健全で秩序がある発展を確立したいと考えている。

每日優鮮便利購

每日優鮮便利購は保温機能を備えた商品棚を含めた全方面の温度帯の商品棚を導入し、商品の種類は生鮮食品や調理済み食品を導入している。また、每日優鮮の高度なコールドサプライチェーンシステムにより商品をターゲット向けに選別した棚に置き、自前の配送員が棚への補充を行う。補充頻度は1,2回/日である。現在北京、天津、上海、杭州、深セン等の都市へと展開し、今後の2ヶ月の間に全国の複数の1~2線都市へも展開し、15,000カ所をカバーする。現在の市場シェアは15%程度で、店舗あたりの売上額150元~200元である。親会社の每日優鮮は中国国内の生鮮食品分野のEコマースのトップ企業の1つであり、近日便利購プロジェクトに3億元を投入することを発表し、現在その投資はすでに着金済みとのことである。

咪哒miniK

咪哒miniKは中国国内で初の高品質で細分化された新声代のミニKTVである。革新的なミュージック・娯楽製品とフォーマットにより音楽協会で全く新しい種類の製品を切り開き、中国国家文化部はこれによりボックス型歌唱設備を文化娯楽産業に取り入れ、咪哒が切り開いた新しい業界の形を高く評価している。現在咪哒miniKは全国300あまりの都市で事業展開し、ロイヤルカスタマーは1,400万を超え、市場シェアは業界トップで、その際も急速に拡大している。

觅跑

觅跑は中国国内で初の無人型スポーツジムを立ち上げ、無人型スポーツジム業界の先駆者、リーダーとなっている。現在の安定したユーザー数は1万以上で、客単価は50元前後で、市場シェアは95%以上に達している。会社を設立して半月の間に経緯、合鲸、信中利、猎鹰の2,500万の共同の两輪融資を受け、億を超えていると推測される。9月には国家中小企業発展基金領投の融資を受け、この两輪投资は追加投資の7,500万元のA輪融資のことであり、会社の価値は5億円に達している。

魔盒CITYBOX

魔盒CITYBOXは新しい購買方法をリードしている。その最大の特徴は消費者に個性的な商品を提供することである。消費者は異なる商品嗜好により、価格もその都度変更する。投資市場において魔盒の動きは非常にエレガントであり、A輪として1,500万米ドルの融資を受け、全国の本営業店として2,000社と契約し、将来的に50,000台の導入を計画している。

深兰科技

深兰科技は著名な人工知能研究とアプリケーション開発企業である。人工知能による小売のレベルを高める分野において業界から認められたリーダーである。40名余りの博士号と修士号で構成された革新的な技術者グループを抱え、この学者たちは海外の著名な学校出身であり、2つの世界大会で第1位の成績を獲得し、3つの国内大会で第1位の成績を獲得している。スマートな小売、自動運転、スマートロボットなどの方面で研究開発を進め、そのうちfacepay、quiXmart快猫、takegoの無人型小売や、metamind猫蜜管家は小売のレベルを高める重要な製品である。

天使之橙

上海巨昂投資有限公司は農業、工業、小売の3つを一体化した産業チェーンプラットフォーム型企業である。傘下の主要商品は現地でのスマートなオレンジジュース絞りマシン——天使之橙である。これは初めて“工場の前線配置”の理念により、生活本来の“健康、新鮮”を再現している。現在5,000台のマシンが全国176 の都市及び直轄地に導入され、毎年のオレンジ消費量は5万トンに達し累計サービスは延べ1億人を超え、市場シェアは90%を超えている。最近では4億元のB輪融資が完了した。将来的には“天使之橙”オレンジジュースを中心に農業、工業、小売の産業を組み合わせ、現地製造・現地販売により全商品の無人型サービスを展開し、高度で手軽な方法を提供し、無人型経済市場へ参入する。

小e微店

小易到家は2015年6月に設立された、新しい小売分野へ注力する革新的な移動Eコマース企業である。この企業が展開する公司“小e微店”プラットフォームは、携帯のITと位置情報サービスにより、消費者に無人型管理と自動購買可能な消費環境を提供する。消費者は携帯でスキャンすることで支払いを完了し購買が成立する。これまでのように店舗に並んでレジで精算するために並ぶ必要もなく消費者の体験を大きく向上させる。“小e微店”は主にハイテクなオフィスビル、産業地域で、ホワイトカラー向けに距離の近い手軽で便利なサービスを提供している。また消費者の消費データに基づき、ビックデータ研究を行い、商品のチャネル市場での営業に正確な意思決定の根拠を提供している。“小e微店”の革新的な方法により、小易到家は2016年度の北京十大事業ブランドの革新的ブランド賞を受賞した。現在、小易到家は著名なベンチャーキャピタルの融資を受け、会社の従業員は300人を超え、北京、上海、広州、深センで事業を展開し、さらに有名な小売企業やブランドと中間業者と戦略的パートナーシップ関係を結び、多くの消費者に手軽で便利な購買サービスを提供している。現在はPre-B輪の融資規模である。

猩便利

今年6月に成立した猩便利は、9月までにオフィスコンビニ設置場所が10,000を超え、15の都市をカバーしている。“便利·蜂窩”方式により、店と棚が一体化した全く新しいサービスを提供し、500メートル範囲の消費者の需要を満たしている。現在、猩便利はオフィスコンビニ分野で市場シェアトップの実力を誇り、市場からも高評価され、1億元を超える天使輪の融資は、革新的な小売最大の天使輪の規模となっている。

友唱M-Bar

娯楽消費産業のレベルが高まる歴史的背景の中、“全民消費”は膨大な市場のニーズを生み出し、新しい消費者の誕生と共に、個性的・細分化及び社会コミュニティが新しい潮流となった。友唱は極めて将来性の高い戦略的指導の下、僅か1年の間で、“我々は楽しみだけを生産する”のブランド核心理念により、新しい空き時間に利用するエンタメコンテンツを切り開き、生み出された価値の高いブランドは、巨大なビジネス的影響力をレバレッジし、その名に恥じない業界の開拓者となり、リーダーとなった。

無人型経済の8つの特徴 無人型経済を読み解く

特徴1:無人型小売分野が最も投資家と消費者の注目と集めている

36Kr研究院の消費者研究によると、無人型経済の4つの分野において、28.65%の消費者が無人型経済の時代に無人型の小売サービスを受けることを求め、28.47%が生活サービスを求め、20.5%が健康サービスを求め、19.07%が娯楽サービスを求めている。1.88%の消費者は特に必要ないとのことだった。その他は1.43%だった。またJINDATAによると、中国では現在138社の無人型小売企業が存在し、そのうち57社が融資を受け、総額は48億4730万元に達している。

特徴2:無人型スポーツジムを聞いたり使用したことがある人が最も少なく、一方では試用を希望する人が最も多い

無人型経済の10の細分化された分野において、自助販売機、無人コンビニとミニKTVは最もよく耳にする分野である。自動洗車、無人型スポーツジムは最も知られておらず、使用したことがある人も最も少ない。また、自動販売機、スマート無人型ロッカー、写真プリンターの使用者が最も多い。今後試してみたい無人型経済の3つの分野は無人型スポーツジム、無人コンビニ、自動洗車だった。

特徴3:メディアが新しい業態の展開について核心的な役割を果たし、同時にオンラインでも実体のあるトラフィックが存在する

36Kr研究院の消費者研究によると、既存のチャネルにおいて、消費者が無人型管理サービスを知るきっかけのうちの4割がメディアであり、37%がオンラインで無人型経済を見たことであり、周囲の人間からの紹介が11%であり、企業広告が10%だった。これからわかることは、メディアが新しい事業を紹介する際に重要な役割を果たすと同時に、多くの消費者がオンラインで無人型経済を実際に選択して試していることであり、つまりこれはオンライン上に実体のあるトラフィックが存在することを意味している。

特徴4:有用で興味深い無人型経済がより注目を集めている

36Kr研究院の消費者研究によると、無人型経済を使用する理由には。38%が無人型経済により提供されるサービスが手軽で素早いと答え、34%近い消費者が好奇心と答え、9%近くがお得感と答え、4%近くが友人の推薦と答えている。

特徴5:6割の消費者が30元以下で無人型経済を利用したい。無人型経済での消費を希望しない消費者は僅か4%

36Kr研究院の消費者研究によると、1回あたりの消費金額は、6割の消費者が30元以下での利用であり、この金額は無人型経済の企業が提供する客単価と合致している。無人型経済の1回あたりの単価は高くとも30元程度が適しているようである。

特徴6:無人型経済の主要な消費者は大都市のIT企業のホワイトカラー

36Kr研究院の消費者研究によると、大城市のIT企業のホワイトカラーがより無人型経済を試用したいと考えている。年齢層で見ると63%が18~29歳の若者だった。教育レベルでみると、97%が大学・専門学校、大学本科、研究生及びそれ以上の学歴だった。業界から見ると62%がITソフトウェア、文化広告メディアと金融、法律コンサルタントに集中していた。地域から見ると85%が直轄市及び省都に集中していた。収入から見ると67%が0~12,000元の間だった。

特徴7:地域やコミュニティが最も無人型小売の需要が高い環境であり、地下鉄、駅などの交通拠点、オフィスビルがそれに続く

36Kr研究院の消費者研究によると、23.63%は地域コミュニティでの無人型小売サービスへの需要が最も高いと答え、20.94%が地下鉄、駅などの交通拠点と答え、20.75%がオフィスビルと答え、15.27%が商業施設での需要が高いと答え、8.65%がオフィスと答え、エレベーターは4.51%であり、全く必要なしという答えが0.48%であり、その他が0.38%だった。

特徴8:效率派、いいね派と『羊毛党』

36Kr研究院の消費者研究によると、取材を受けた消費者には3つの無人型経済への判断基準があったとのことだった。1つ目は “効率こそ全て”というものだった。8割近くは、無人型経済が生活をより便利で素早く効率的にすると答えた。6割近くは、無人型経済が生活の質をより高めると答えた。回答者の8割以上は、無人管理サービスが企業の人件費を削減することになると答えた。
2つ目は“迷うことなくいいね!”でした。6割近くは、直ぐにでも無人型管理サービスを体験してみたいと答えた。7割以上が無人型管理サービスの技術レベルは高いと答えた。6割以上が無人型管理サービスは長期にわたり存在すると答えた。回答者の6割近くが周りの人間に勧めてみたいと答えた。
3つ目は熱心“薅羊毛”の存在である(訳者注:薅羊毛(羊毛党)とはインターネット上で集団となって活動し、各業界の企業のキャンペーンなど自分たちにとってお得な活動に注目し、コストを限りなく抑えて利益を得るグループのことである)85%がお得感が高いときに無人型経済を選択し、試してみたいと答えていた。6割近くが無人型経済での出費が高いと感じたときには継続使用はしないと答えていた。5割近くが、無人型管理サービスが生活のコストを引き上げるとは考えておらず、また3割は興味が無いという状態だった。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More