2019年世界スマホ出荷台数 ファーウェイがアップルを抜いて世界2位へ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

大企業注目記事

2019年世界スマホ出荷台数 ファーウェイがアップルを抜いて世界2位へ

原文はこちら

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

2020年2月3日、市場調査専門会社「IDC」が、2019年第4四半期における世界携帯電話出荷台数レポートを発表した。

レポートによると、アップルのスマートフォン出荷台数はこの四半期、世界1位に復活した。アップルにとって、毎年第4四半期は「販売好調期」だったが、2018年、サムスンに抜かれトップの座を失った。2019年に発売したiPhone11シリーズの好調が、今回の市場挽回に大きく繋がった。

上からアップル、サムスン、ファーウェイ、シャオミ、OPPO、その他 

一方、ファーウェイの出荷台数は前年比で7.1%減少した。2019年第2四半期から米国の禁輸措置の影響で、ファーウェイは海外市場から中国市場に方向転換し、中国国内の販売に注力した結果、しばらくは急速な成長を維持できた。しかし、第4四半期には、国内市場の在庫消化や欧州市場の打撃など複数の難題があり、それ以上の成長はできなかった。

左から:アップル、サムスン、ファーウェイ、シャオミ、OPPO

ファーウェイ以外の中国メーカーでは、シャオミが今期30%の大幅増を遂げた。シャオミの好調は、インドと西ヨーロッパ市場によるものだとIDCは分析している。インドは2期連続でシャオミにとっての世界最大市場となっている。また同社の製品は西ヨーロッパ市場でも成長を続けている。

OPPOの状況はシャオミに近く、ファーウェイとの対抗を避けるために、市場の重心を海外に移した結果、初めて中国国内の出荷量が世界全体の50%未満となった。OPPOは、欧州とインドでの販売が安定的に成長しており、この四半期で出荷台数が4.2%増加した。

ただ、通年で見ると、ファーウェイの出荷台数(約2億4000万台)はアップル(約1億9000万台)を抜いて世界2位になった。米輸出規制リストの縛りがあるにもかかわわず、ここまでの成績を収められたのは容易なことではなかった。

(翻訳・Ai)

原文はこちら

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手