Facebook、新型肺炎に関するフェイクニュースへ対策

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

Facebook、新型肺炎に関するフェイクニュースへ対策

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

Facebookは「新型コロナウイルス肺炎」に関する投稿を重点管理の対象とした。米紙「ウォールストリートジャーナル」によると、陰謀説やヘイト情報にユーザーが扇動されないよう、Facebookは新型コロナウィルス肺炎の治療・予防法に関するデマ情報を削除する対策を行うとのこと。

具体的には、第三者のファクトチェック専門機関で確認済みの正しい情報については、タイトルの後に「Fact-check(事実確認)」タグを入れ、デマ情報の投稿やハッシュタグはブロックされる。たとえば、「このウイルスはアメリカ人がばらまいた生物化学兵器だ」と述べたり、この病気の致死率を誇張するような投稿は削除される。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録