ミニプログラム VS HTML5 ミニプログラム開発者たちの意見とは?

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

マーケティング

ミニプログラム VS HTML5 ミニプログラム開発者たちの意見とは?

微信小程序吞掉H5?听听第一批测试的开发者怎么说

深夜23:27,电商小程序工具“SEE小电铺”创始人万旭成正和团队聚餐庆祝双十一几个公众号单日销售额过百万,他的微信弹出一条消息:“小程序内可直接打开网页了,而且可关联500个公众号”。看到这个一群人沸腾了,转身结了账直奔公司,讨论到三四点。

万旭成的第一反应是:如果能嵌入h5,意味着未来小程序创业者能影响整个web世界的信息流分发和服务流分发。像他一样,不少开发者把这看作最近半年微信最重要的能力释放,那么这两项功能分别意味着什么:

1. 小程序可关联500个公众号

2. 小程序可直接打开网页,同时支持从内嵌网页返回小程序

在此之前,单个小程序可绑定公众号的数量是50个,扩大到500个对小电铺的业务有直接影响。这是家为自媒体做电商化运营,提供开店工具和供应链的公司。6月份上线小程序,到10月份积累了3000个公众号客户。“很多自媒体没有微信支付接口,靠我们提供来收银,现在我们用一个小程序可以服务更多公众号了。”

更令开发者关注的是小程序可内嵌网页,这意味着微信有意打破小程序的封闭生态,给外界的信息流和服务流开出了一条通路。小程序真的开始像个浏览器了。包括群应用创始人杨芳贤在内的多位创业者,认为这是小程序的一次战略变化。

持续关注小程序的人或许还有印象,1月份小程序上线后,微信的一个卖点是宣传小程序相对于H5在体验上的有优势,例如开发难度低、周期短。市场接收到的信号是微信希望在小程序生态内替代H5。这可以理解,毕竟在朋友圈病毒式传播的H5一度让微信头疼。

从2008年发布草案,H5的技术演进已经接近10年,相对成熟。2015年时有人做过一个统计,那一年已经有80%的App都是基于H5架构以网页形式呈现的。飞燕创始人张翔觉得,如今小程序对H5的开放,跟当年很多人用h5封装成App是一样的。归根结底都是通过兼容一种表现力更强的产品,把外部产品和流量引入自己的生态。

从技术上看,开发者的开发门槛会大大降低,有App的开发者可以把很多H5架构的功能直接套进小程序的壳里。由于小程序始终保持轻巧和简单层级,此前再小程序内体验受到影响的大型电商类应用,也可以通过跳转网页的方式让用户体验更顺畅。“前端可以少配一个人了,可以集中精力在web app的开发。”小年糕创始人茹海波说。

那么小程序能够跳转电商对于开发者有多重要?

拿电商举个例子,万旭成告诉36氪淘宝系电商的用户平均每浏览5个商品会下一次订单。这意味着一个品牌甚至多个品牌之间的网页跳转,直接决定了变现水平。“以前小程序对外界的信息链是封闭的,会把用户的流量路径打断,(在这个生态内的)停留时间也会变短。”

除了电商,行业内的普遍看法是小程序跳转网页的开放对游戏、营销和内容付费的利好影响最大。

游戏内虚拟物品购买变现效益可观,也因为这个原因微信和苹果僵持不下,小程序一直没有开放游戏品类。如今微信开放小程序内嵌网页被视为一种“曲线救国”的方式。另外基于H5的游戏开发者已经有一部分存量市场,小程序对H5的接纳会让这部分玩家自然而然地转移进来。

相应的,和游戏遇到相同问题的内容付费也会受益,先前打赏、通过H5扫二维码的方式会被更直接的路径取代。“微信里小说和内容阅读每天的支付金额有不到5亿,是巨大的生意。”阿拉丁CEO史文禄告诉36氪。

不过,小程序开放与外部网页的连接还仅是个开始,现阶段功能还很受限制。

根据微信现阶段的规定,每个小程序账号最多配置20个域名,每个域名最多绑定20个小程序账号。跳转的范围还有很有限。

朋友印象在新功能上线后进行了测试,公司联合创始人栗浩洋告诉36氪,“微信开放webview只是能够展示H5信息,而不能进行任何跳转,也就意味着我们一直希望的将小程序流量导流到外部(跳转应用商店)这个事情在此次开放中并没法实现,此次开放的能力对我们来说可能仅限于展示部分特定的内容(比如内部运营活动页面)。”

小程序在扩大自己能覆盖的范围,用外界网页的信息刺激已经进入平缓增长的微信继续吸引用户。这一切还仅是个开始,不过按照微信6月份后的步调,有了一个开口,未来的全面开放或许也不远了。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2017年11月某日の深夜23時27分。中国のEC業界では、大手モールがこぞって1年に1度の大規模なセールを行い、例年のように記録的な売り上げを見せる「独身の日(双十一=11月11日)」を迎える時期だ。ミニプログラムのEコマースツール「SEE小電舗」の創始者・万旭成(ワン・シューチョン)氏はチームのメンバーと共に会食の最中だった。

SEE小電舗では複数の企業アカウントが、1日あたりの売上で100万元を達成した。会食はそれを祝うために設けられた席だった。

その時、万氏のWe Chat(微信)がある情報を受信した。「ミニプログラム内でも今後はWeb Viewが解禁にになる。さらに、500の公式アカウントとバインドできるようになる」。その場にいたメンバーはこれを見て一気に沸き立ち、すぐさま会計を済ませて会社へ走り、深夜3~4時まで続く会議に入った。(※ミニプログラム:We Chatの“アプリ内アプリ”とも言えるもの。アプリを個別にダウンロードせずにWeChat内で起動できる)

ミニプログラムが拡張した2つの新機能

万旭成氏の当初の考えは、「仮にH5(HTML5)を組み入れることができるなら、ミニプログラムの創業者は将来、WEB世界全体のデータストリームに影響力を持つようになる」だった。では、前出のミニプログラムの新しい2つの機能は、何を意味するのだろうか?

1.ミニプログラムでは500の公式アカウントにバインドできる。
2.ミニプログラムからは外部サイトを閲覧することができ、さらに外部サイトからミニプログラムへ戻ることもできる。

より多くのクライアントに、より細かなサービスができる

以前、ひとつのミニプログラムでバインドできる公式アカウントの数量は50件だったが、これが500件まで拡張されたことは、SEE小電舗の業務に直接的に影響することとなった。同社は自社媒体でEC事業を行っており、出店クライアントに開店準備ツールと販売網を提供するサービスを行っていた。6月にはミニプログラムでの業務を開始し、10月までに3,000の企業アカウントを出店させた。「多くのクライアントにはWe Chat決済のインターフェースがなかったため、我々が替わって代金回収を行ってきた。今では、1つのミニプログラムでより多くの企業アカウント向けに、より細かなサービスの提供が可能になった。」

閉じられたミニプログラムの世界が、外界とつながる

開発者らがさらに注目したのは、ミニプログラムがWeb Viewの機能を備えていることだった。これは、We Chatがミニプログラムの閉鎖的な環境を打破しようとする試みを意味し、外界のデータストリームとの間に新しい流れを開通したことを意味する。つまり、ミニプログラムは正にブラウザのような存在になったということだ。名刺やアドレス帳を整理するミニプログラムをヒットさせた「群応用」の創業者・楊芳賢(ヤン・ファンシエン)氏を含めた多くの創業者が、「今回の変化はミニプログラム初の戦略転換」であると考えている。

閉じられたミニプログラムの世界が、外界とつながる

ミニプログラムを注視する人にとっては記憶に新しいかもしれないが、2017年1月にミニプログラムがローンチした際、We ChatはミニプログラムとH5を比較し、開発の難易度が低いことなどを例に挙げて、「ミニプログラムは、より使用感が優れている」とアピールした。市場はこれについて、We Chatがミニプログラム内でH5を駆逐する意志表明だと捉えていた。一時期、モーメンツ(LINEやフェイスブックのタイムラインに類似)でウイルスのごとく広まっていたH5は、We Chatの悩みの種だったからだ。

H5とミニプログラムは、相容れないものではない

2008年に草案が発表されてから、H5の技術進化は10年近く続き、相対的に成熟の期を迎えている。2015年の統計によると、同年にはアプリの80%がH5のアーキテクチャに基づいてWebページを作成している。ミニプログラム開発企業・飛燕(フェイイェン)の創業者、張翔(チャン・シャン)氏は、「現在のミニプログラムはH5に開放されている。かつて多くのメーカーがH5を用いてアプリを制作した当時と同じだ。結局のところ、互いに相容れることでより表現力持った製品になり、外部のプロダクトやトラフィックを取り入れていくことができるのだ」としている。

確かにミニプログラムは技術的に見ると、開発の敷居が大きく下がった。あるアプリの開発者は、H5の多くのアーキテクチャは直接ミニプログラムへ組み込むことができると考えている。ミニプログラムは一貫して小回りが利き、階層もシンプルであるため、以前はミニプログラムでの展開に制限を受けていた大規模なECアプリでも、今後はWeb Viewを使ってユーザーの使用感をよりスムーズなものにできるわけだ。「フロントエンドへの人員配置が少なくなるので、これからは集中してWEBアプリの開発に注力できる」。ITコンサル企業・小年糕(シャオニエンガオ)の創業者である茹海波(ルー・ハイボー)氏はそう語っている。

Web View解禁がEC、ゲーム、有料コンテンツなどにもたらすもの

万旭成氏が36Krの取材に応じ、EC業者を例にとってこう説明した。例えば、タオバオ(淘宝)系のECモールのユーザーは1回の注文につき、平均して5つの商品を見比べるという。つまり、複数のブランドのページの間を行ったり来たりして、どこにいくらのお金を支払うかを決めているのだ。「以前のミニプログラムは、外部に対して閉鎖的だった。ユーザーの流れが内部で完結し、外部との自由な行き来が断ち切られてしまうのだ。結果、ユーザーのミニプログラムでの滞在時間は短くなってしまっていた」。

ミニプログラムがWeb Viewを解禁したことで、EC以外の分野では、ゲーム・販売・有料コンテンツが最も利を得るのではないかと業界内では考えられている。

ゲーム内でのアイテム販売は目覚ましい収益を得るビジネスモデルだが、当初はまさにこの利潤分配に関してWe Chatとアップルが互いに相容れなかったがために、ミニプログラムのローンチ後しばらくは、ゲーム系アプリの配布は予定していなかった。We ChatがミニプログラムでWeb View解禁に踏み切ったのは、いわゆる「曲線救国(間接的な手段で国を救った)」だと言える。また、H5ゲームの開発メーカーはすでに一定のマーケットを有しているため、ミニプログラムがH5を解禁することで、H5のユーザーも自然にミニプログラムに流入してくることになるだろう。

ゲームと同様、有料コンテンツについても収益が見込める。従来のように前払いをしたり、QRコードをスキャンしたりしなくてもよくなったのだから。「現段階でWe Chat内の小説など読み物の閲覧に支払われる金額は1日当たり5億元に達しない程度。成長の余地があるビジネスだ」。

今回の変化はただのファーストステップに過ぎない

しかし、ミニプログラムに関する統計・解析に特化するアラジンのCEO・史文禄(シー・ウェンルー)氏は36Krの取材に応じ、このように語った。

ミニプログラムとWeb View解禁は初期段階であり、現段階では多くの制約を受けている。

We Chatの現時点の規定では、各ミニプログラムのアカウントには20のドメイン名を設定することができ、各ドメインには最多で20のミニプログラムのアカウントをバインドできる。外部サイトとの連結範囲はまだまだ限定的だ。

SNSアプリ・朋友印象の共同創始者・栗浩洋(デリク・リー)氏がこうした新機能を試用してみた結果、語ったところでは、「We ChatのWeb View解禁とはH5の情報を表示しているに過ぎず、外部サイトにジャンプしているわけではない。つまり、ミニプログラムのトラフィックを外部へ流したいという我々の希望はまだ実現していないということ。一部の特定の内容が表示できるに過ぎないのだ」。

ミニプログラムはその射程範囲を拡大し、外部サイトを引き込むことによって、成長にやや陰りを見せはじめているWe Chatを活性化し、ユーザー増を狙っている。これらはまだ始まりに過ぎないが、We Chatの2017年6月ごろの足並みから考えると、何らかの糸口はつかめたようであり、未来の全面開放もそう遠くはなさそうだ。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録