中国最大の火鍋チェーン「海底撈」の期間限定ランチを実食【中華ビジネス戦記】

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

マーケティングオリジナル記事

中国最大の火鍋チェーン「海底撈」の期間限定ランチを実食【中華ビジネス戦記】

続きを読む

こんにちは、東京で中華を食べる人です。火鍋の雄、海底撈(かいていろう)でお得なランチセットがやっていると聞き、行ってきました。1500円くらいでいろんな種類具材が食べられる1人火鍋、日本人が一人で食べに行くにも向いていてよかったです。

海底撈 池袋

場所は池袋の東口。中国の大手火鍋チェーン海底撈の日本一号店で2015年にオープン。上海留学から帰ってきた2017年にはまだそんなに火鍋の店が多くなく、ガチな火鍋といえば海底撈くらいで、留学帰りの友人と何度か食べに行った記憶がある。

パチンコ屋が入るビルの5階と6階に店はあるが、エレベーターに乗る前からほんのりと中国の匂いがする。

店内。ランチセットは池袋店や新宿店で期間限定で提供しているようだ。平日の昼間から火鍋食べに行く人なんてそうそういないだろうし、その時間に集客できるようにランチセットを始めたのかな〜と思っていたが、いざ店に入ると7〜8割席が埋まっていてびっくり。

そして中にはランチセットぽいのを食べている人もちらちらいたが、ほとんどがアラカルトで頼んでいた。

こちらがメニュー。税込1,485円で火鍋の具材10種と主食が食べられるのだ。

肉系は鶏肉、牛肉。魚介類はホタテや白身魚、あとは魚のつみれや干し豆腐、湯葉や野菜類。それぞれバランスよくタッチパネルで選択した。スープは麻辣、牛骨、トマトなど4種から選べた。

火鍋がくるのを待つ間にタレを調合!トマトやバナナ、枝豆、サラダも食べられる。

待つこと数分で火鍋セットが到着。いただきまーす!

個人的には肉系が少なかったのが残念だったけど、まぁ1500円のセットだしこんなもんなのかな。麻辣鍋ぐつぐつ。

シメのうどんは寬粉みたいなもちもち感があって美味しかった。あんまりうどんぽくない感じ。

最近は火鍋の店も増えてきて3,000円くらいで食べ放題の店も多いので、単価が高めの海底撈は結構苦労してそうだ。でもガチ中華初心者の友人を連れて行くにはちょうどいいので、引き続き頑張ってほしい。ランチも継続的にやってくれるといいですね。

人気ブログ「東京で中華を食らう」の投稿から転載しています

阿生:東京で中華を食べ歩く26歳会社員。早稲田大学在学中に上海・復旦大学に1年間留学し、現地中華にはまる。現在はIT企業に勤める傍ら都内に新しくオープンした中華を食べ歩いている。Twitter:iam_asheng

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録