インド最大のモーターショーで「長城汽車」がインド市場参入を発表

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

インド最大のモーターショーで「長城汽車」がインド市場参入を発表

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2月5日、中国の自動車メーカー「長城汽車(Great Wall Motor)」は、インドのニューデリーで開催されたインド最大のモーターショー「第15回インドオートエキスポ 2020(15th AUTO EXPO 2020 Components)」でインド自動車市場への正式参入を発表し、ベンガルールの研究開発センターをベースに投資を継続し、研究開発・生産・供給・販売全てをカバーするエコシステムを構築することを明らかにした。
今回の展示会で、長城汽車は傘下ブランド「Haval(哈弗) 」のプラグインハイブリッド(PHV)SUVコンセプト「Concept H」を世界初公開、また同ブランドの電気SUVコンセプト「Vision 2025」をインド初公開した。
インドは中国、米国、日本に次ぐ世界第4位の巨大自動車市場だ。現在インド市場では信頼度が高く低価格の小型車が売れており、現地最大の自動車ブランドは50%の市場シェアを誇るスズキである。インド市場における長城汽車の強みは原価管理能力とSUV製品になるだろう。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録