ライドシェア大手Grabがアクセラレータプログラムを実施、シンガポール情報通信開発庁と提携

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

新興国短信

ライドシェア大手Grabがアクセラレータプログラムを実施、シンガポール情報通信開発庁と提携

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

3月17日、東南アジアのスーパーアプリ「Grab」とシンガポール情報通信開発庁(IMDA)がパートナーシップの締結を発表した。GrabとIMDAは共同で、ベトナムでスタートアップ企業を育成・支援するアクセラレータプログラム「グラブ・ベンチャーズ・イグナイト(GVI)」をシンガポールでも展開し、ベトナム進出を目指すシンガポールのスタートアップ企業への投資を募っていく。Grabによると、同プログラムの期間は14週間で、ベトナムとシンガポールで同時に実施されるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録