テンセント支援の「Shopee」、「Lazada」を抑え東南アジアでNo.1のECアプリに

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

新興国短信

テンセント支援の「Shopee」、「Lazada」を抑え東南アジアでNo.1のECアプリに

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

東南アジア7ヵ国で運営されているメタ検索ウェブサイト「iPrice Group」が発表した2019年第4四半期の「Map of E-Commerce」によると、2019年下半期、東南アジアの大手EC「Shopee」が、MAU(月間アクティブユーザー数)、ダウンロード数、サイト訪問者数において、アリババ傘下の大手EC「Lazada」を上回り、東南アジアで最も使用されているECアプリとなった。Shopeeが首位に躍り出た要因は、テンセント(騰訊)など大型企業による支援であると分析されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録