テンセントのWeb会議プラットフォーム、リリースから2カ月弱でDAUが1000万を突破

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

新興国短信

テンセントのWeb会議プラットフォーム、リリースから2カ月弱でDAUが1000万を突破

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

3月18日、テンセントは最新の決算報告を発表した。その中で、2019年末にリリースされたWeb会議プラットフォーム「騰訊会議(Tencent Meeting)」が、サービス開始から2カ月弱で1日あたりのアクティブユーザー数(DAU)が1000万を超え、BtoB事業の中からダークホースとして躍り出た。2011年に誕生した微信(WeChat)でも、登録ユーザーが1000万を超えるまでに半年かかっており、前代未聞の成長速度だ。

世界的な新型肺炎の拡大に伴って、多くの機関および企業がリモートワークを採用している。3月20日現在、騰訊会議の国際版は、マレーシア、シンガポール、インド、タイ、日本、香港、マカオを含む全世界100以上の国と地域でリリースされている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録