美団、アリババやテンセントに勝てず マタイ効果でクラウド市場から撤退へ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

大企業注目記事

美団、アリババやテンセントに勝てず マタイ効果でクラウド市場から撤退へ

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国生活関連サービスプラットフォーム最大手の美団(MEITUAN)はこのほど、業務調整を理由に、傘下のクラウドコンピューティング業務の「美団雲」が2020年5月31日よりユーザーサービス、サポートを中止し、資源回収を行うと発表した。

美団は2012年より個人向けクラウドサービスを行っており、当初は外食デリバリーなどの業務ニーズを満たすものであったが、徐々に対外向けの運営に変わり子会社化していた。2017年、美団はクラウド能力の全面的な開放を戦略目標として位置付けた。

関連データによると、2019年中国のクラウドインフラサービスの市場規模は107億ドル。そのうち、アリババクラウド(阿里雲)、テンセントクラウド(騰訊雲)が市場の63.4%を占め、美団雲は市場シェアがあるかないかのような微妙な位置にあった。

解説

ここ数年、中国の第一線のインターネット企業が次々とクラウド業務を加速させており、良好な技術サポートの下、アリババクラウド、テンセントクラウド、バイドゥクラウド(百度雲)、ファーウェイクラウド(華為雲)がしだいにビジネス化を加速し、業界ではマタイ効果が顕著であった。美団はしっかりとした実力がなかったため、クラウドコンピューティング業務が市場規模を形成できないままであった。また、科学研究への投入も同社の収益にとってはかなりの挑戦だ。このような背景において、美団はこの市場からの撤退を決断した。

※本記事は「中国商業新聞CBNS」の提供です。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録