自動運転スタートアップの「QCraft」が数十億円を調達、もとGoogleエンジニア創業

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

自動運転スタートアップの「QCraft」が数十億円を調達、もとGoogleエンジニア創業

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

都市の複雑な交通環境に適応する、レベル4の自動運転技術ソリューションを研究開発する「軽舟智航(QCraft)」が、シリーズシードで数千万ドル(数十億円)を調達した。出資者は「IDGキャピタル」や「元璟資本(Vision Plus Capital)」など。

軽舟智航は、Googleストリートビューの元エンジニア・于騫(James)氏が2019年、米シリコンバレーで設立した。現在では北京、深圳、蘇州などにもオフィスを設置している。同社は米カリフォルニア州の自動運転路上テストライセンスを取得しており、中国および米国で提携パートナーと共に計約10台の自動運転車公道走行テストを行っている。

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連記事はこちら

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録