インド高級茶ブランド「Teamonk」、新たに資金を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

新興国短信

インド高級茶ブランド「Teamonk」、新たに資金を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インドの高級茶ブランド「Teamonk」が資金を調達した。出資者はムンバイを拠点とする「Lead Angels Network」で、具体的な金額は非公開。これまでにもTeamonkは、シリーズAで100万ドル(約11億円)を調達している。この時のリード・インベスターは、米コンサルティング企業「マッキンゼー・アンド・カンパニー」の元マネジメントディレクターRajat Gupta氏と、インドのVC「Roots Ventures」だった。

Teamonkは2016年に設立され、バンガロールに本社を置く。同社は主に、タミル・ナードゥ州ニルギリヒル産、および西ベンガル州ダージリン産の優質な高級茶葉を販売している。同社が販売する茶葉には人工香料が添加されておらず、現在は緑茶、抹茶、白茶(弱発酵茶)、紅茶や、マンゴー、カモミールなど、天然のフルーツや花を使用したフレーバーティーを取り扱っている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録