OPPO、ガンダムに続きエヴァンゲリオンとのコラボスマホをリリース 限定1万台が瞬時完売

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

大企業注目記事

OPPO、ガンダムに続きエヴァンゲリオンとのコラボスマホをリリース 限定1万台が瞬時完売

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

6月1日零時、OPPO Ace2の新世紀エヴァンゲリオンとのコラボモデルが中国で発売された。同社公式情報によると、オンライン上の販売を開始してから一瞬にして完売したという。

5月28日、中国スマートフォン大手OPPOが一連のエヴァンゲリオンコラボモデル製品を発表した。これには4月に発売された新型フラッグシップの5G対応スマートフォン「OPPO Ace2」、スマートウォッチ「OPPO Watch」、ワイヤレスイヤホン「OPPO Enco W31」、ワイヤレスフラッシュ充電器「OPPO 40W Air VOOC」などのエヴァンゲリオン限定版が含まれている。

OPPO Reno Ace 2のエヴァンゲリオン限定版は通常版と基本スペックが共通しており、プロセッサはクアルコム社製「Snapdragon 865」、内部ストレージは高速の「UFS3.0」搭載のフラッグシップ仕様で、バッテリー容量は4000mAh、急速充電「SuperVOOC 2.0 65W」、ワイヤレス充電「AirVOOC 40W」に対応し、また10Wのワイヤレスリバースチャージも可能となっている。

販売価格について見ると、全世界1万台限定販売のOPPO Reno Ace 2は通常版より400元高い4399元(約6万6000円)、OPPO Enco W31は399元(約6000円)、全世界5000台限定発売のOPPO 40W Air VOOCは299元(約4500円)となっている。これらの限定版製品は6月1日にオンライン/オフライン同時発売。

去年、OPPOは日本の人気TVアニメシリーズ「機動戦士ガンダム」の放送開始40周年を記念に、限定3万台の「ガンダムコラボ」モデルも発表していた。

(翻訳・浅田雅美)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録