印EC「Flipkart」がウォルマート等から約1280億円を調達 テンセントも追加出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

印EC「Flipkart」がウォルマート等から約1280億円を調達 テンセントも追加出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インドのEC最大手「Flipkart」が12億ドル(約1283億円)を調達したと、同国の金融情報メディア「VCCircle」が7月14日に報じた。リード・インベスターは同社筆頭株主の米ウォルマート。Flipkartにはこれまで「老虎環球基金(Tiger Global Management)」、テンセント、「Accel」などが出資している。

Flipkartは本社をインドのベンガルールに置く。2007年に設立された当初は書籍販売をメインとしていたが、資本を拡大するにつれて同国最大のEC企業へと成長した。2018年にはウォルマートが160億ドル(約1兆7100億円)を投じ、同社の77%の株式を取得。買収当時、Flipkartの企業価値は208億ドル(約2兆2200億円)に達した。

Flipkartによると、2020年3月を決算月とした2019年度において、同社の月間アクティブユーザー(MAU)数は前年比45%増、取引数量も同30%増となり、月間訪問回数は15億回を超えたという。

インド市場におけるFlipkartの競合には「JioMart」とアマゾンがいる。JioMartは同国の小売チェーン「Reliance Retail」と大手通信事業者「Jio Platforms」が共同で設立した企業である。アマゾンは、インドで現地コミュニティストアとの協業を模索している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録