新興国短信

vivo、インドネシアのスマホ市場でシェア1位に サムスン抜く

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

市場調査会社「Counterpoint」の最新データによると、2020年第2四半期のインドネシアのスマートフォン市場で、中国のvivoが韓国サムスンに代わって最大シェアを獲得した。同四半期、インドネシア市場においてvivo、OPPO、シャオミ、ファーウェイなど中国ブランドが73.3%のシェアを占めた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録