中国、虚偽取引のラッキンコーヒーに約3120万円の罰金

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国、虚偽取引のラッキンコーヒーに約3120万円の罰金

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

10月12日、中国国家市場監督管理総局(SAMR)は、粉飾決算を行った瑞幸咖啡(ラッキンコーヒー)の事案に関連し、不当競争行為が認定された「瑞幸咖啡(中国)有限公司」、「瑞幸咖啡(北京)有限公司」と、その不正行為に加担したとされる「北京車行天下諮詢服務有限公司」、「北京神州優通科技発展有限公司」、「征者国際貿易(厦門)有限公司」ら5社に対する行政処罰を決定、およびその内容を公表した。

市場監督管理総局は、瑞幸咖啡が関連規定に違反し、虚偽取引などの不当競争行為があったと認定した。監督検査部門は同社に対し責任を持って違法行為を中止するよう命令し、また200万元(約3120万円)の罰金を科す処分を下した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録