中国ライブ配信2強「虎牙」「闘魚」のM&A、テンセント傘下のeスポーツプラットフォームは闘魚に譲渡

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国ライブ配信2強「虎牙」「闘魚」のM&A、テンセント傘下のeスポーツプラットフォームは闘魚に譲渡

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

10月12日、中国ライブ配信プラットフォーム二大大手の「虎牙直播(Huya Live)」と「闘魚(DOUYU.COM)」がM&Aを実施することで合意したと発表した。合併の完了時期は今のところ2021年上半期となる見込みだ。

この日合併契約締結と同時に、闘魚とテンセント(騰訊)は「再編協定」にも署名した。これによりテンセントは、傘下のeスポーツプラットフォーム「企鵝電競(Tencent Egame)」が運営するゲームライブ配信事業を総額5億ドル(約527億円)で闘魚に譲渡し、企鵝電競と虎牙・闘魚合併後に誕生するライブ配信プラットフォームとの整理統合をはかるため、闘魚との事業提携をなお一層進めていく。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録