華人文化がAラウンドで100億近くの資金調達、投資後の価値は約400億に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス

華人文化がAラウンドで100億近くの資金調達、投資後の価値は約400億に

华人文化A轮融资近100亿,投后估值近400亿

本轮融资由万科与两家创始股东阿里和腾讯领投,招银国际资本及其他国际知名金融集团跟投。
在资本寒冬的大环境里,华人文化拿到了来自万科、阿里和腾讯的百亿融资。

今日,华人文化集团公司(原名华人文化控股集团)宣布完成近100亿人民币A轮融资,投后估值近400亿人民币。本轮融资由新股东万科集团与两家创始股东阿里巴巴集团、腾讯集团领投,招银国际资本及其他国际知名金融集团跟投。

华人文化集团成立于2015年,是国内文娱行业知名公司,在国内外大文娱、传媒等领域的资本活动十分频繁。所涉足投资领域包括电影的发行制作、传媒、体育、音乐、生活方式及时尚等,并投出不少明星项目。如生产出《琅琊榜》、《伪装者》等热播电视剧的正午阳光影业。公开资料显示,正午阳光影业目前估值近90亿人民币。

最前线丨华人文化A轮融资近100亿,投后估值近400亿

华人文化关联企业

华人文化短短两年内在业内迅速崛起,很大程度上归功其创始人黎瑞刚。除了拥有华人文化集团,黎瑞刚目前还是华人文化产业投资基金董事长,UME影院执行董事,微鲸科技创始人,上海文广新闻传媒集团总裁。此外,他还担任上海文广新闻传媒集团的党委副书记。

他还有一个广为人知的背景:2011年7月之前,曾是上海广播电视台台长和上海东方传媒集团有限公司总裁。多年来在行业的积累使得黎瑞刚对文化产业十分熟悉,投资行业项目时有着精准眼光;同时,此前在体制内的经历也使得其深谙文化产业在行政层面的规则。

最前线丨华人文化A轮融资近100亿,投后估值近400亿

黎瑞刚旗下共有98家公司,图为部分知名公司

政府的加持也为华人文化的发展提供了资金和保障。2009年,华人文化产业投资基金通过国家发展改革委审批,基金规模达50亿人民币,成为第一个在国家发改委获得备案通过的文化产业私募股权基金。近年来,华人文化集团依托该基金进行产业投资。

最前线丨华人文化A轮融资近100亿,投后估值近400亿

华人文化产业基金在各领域的投资

最前线丨华人文化A轮融资近100亿,投后估值近400亿

华人文化产业基金2009年至2018年投资数量和投资金额

最前线丨华人文化A轮融资近100亿,投后估值近400亿

华人文化近年来投资的公司,图片来自数娱梦工厂

值得注意的是,在华人文化的A轮融资中,出现了创始股东阿里巴巴和腾讯的身影。这不仅表明AT看好华人文化的发展,也是AT在大文娱领域继续占坑的表现。

在宣布融资的同时,华人文化还发布了更名声明。即日起原“华人文化控股集团(英文名:CMC Holdings)”更名为“华人文化集团公司 (英文名:CMC Inc.)”,给出的理由是“为了更加准确地反映集团业务属性,更有效地支持集团业务发展”。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

この資金調達は、万科と創業株主であるアリババとテンセントがリードインベスターとなり、招銀国際資本およびその他の国際的知名度の高い金融グループがコ・インベスターとなっている。

資本の冬という大きな環境の下で、華人文化は万科、アリババ、テンセントから100億の資金調達を完了した。

今日、華人文化集団公司(以前は華人文化控股集团)はAラウンドの資金調達で100億人民元近くの調達を完了したと発表し、投資後その価値は400億人民元近くとなった。本ラウンドでの資金調達は新株主の万科グループと創業株主であるアリババとテンセントがリードインベスターとなり、招銀国際資本およびその他の国際的知名度の高い金融グループがコ・インベスターとなっている。

華人文化集団は2015年に設立され、国内のエンターテイメント業界で知名度の高い企業である。国内外でのエンターテイメントやメディアなどの分野での資本活動は頻繁に行われており、関与している投資分野には、映画制作、メディア、スポーツ、音楽、ライフスタイル、ファッションなどが含まれ、多くのスタープロジェクトをキャスティングしている。その中には、《琅琊榜》《伪装者》などの人気ドラマを手掛けた正午阳光影业がある。公開された資料によると、今のところ正午阳光影业の評価額は90億元に及ぶという。


華人文化関連企業

華人文化はわずか2年という期間で業界で急速に発展したが、その大部分は創始者である黎瑞剛の功績である。黎瑞剛は現在、華人文化集団を持つほか、華人文化産業ファンドの会長、UME影院の執行役員、微鲸科技の会社創設、上海文廣新聞传媒集団の総裁を務めている。その上、上海文廣新聞传媒集団の党委員会副書記をも務める。

また彼には人々によく知られている背景がある。2011年7月までは上海廣播電子台テレビ局長、上海東方传媒集団有限公司の総裁を務めていた。長年にわたって業界で積み重ねてきた経験は黎瑞剛を文化産業に精通させ、業界のプロジェクトに投資する際の明確なビジョンを持たせた。


黎瑞剛の参加には98のグループ会社があり、画像は知名度の高い会社

政府からも祝福の意で華人文化の発展のための資金と保証を提供した。2009年、華人文化産業投資産業ファンドは国から発展改革委員の批准を受け、ファンドからの資金は50億人民元規模になり、国で初めて文化産業プライベートエクイティファンドの融資を受けた。近年、華人文化集団はその資金を産業投資に用いている。


華人文化産業ファンドの各分野への投資


華人文化産業ファンドの2009年〜2018年の投資数とその投資金額


華人文化が近年投資した会社。写真は数娱夢工厂から。

注目に値すべきは、華人文化の資金調達のAラウンドの中に、創業株主のアリババとテンセントが登場したことである。 これは、アリババ及びテンセントが華人文化の発展が明るい見通しであることを表現しただけでなく、大きなエンターテイメント分野でも両社が継続して存在感を大きく見せていることをも表している。

資金調達の発表と同時に、華人文化も名称変更の声明を発表した。今後は、「華人文化控股集団(英名:CMC Holdings)」を「華人文化集団公司(英名:CMC Inc.)」へと改称し、その理由を「グループのビジネス属性をより正確に反映し、グループの事業開発をより効果的にサポートするため」とした。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録