衛星画像を農業に応用、世界中の農地で生育状況を一手に把握する珈和科技のリモートセンシング技術

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

テクノロジー注目記事

衛星画像を農業に応用、世界中の農地で生育状況を一手に把握する珈和科技のリモートセンシング技術

36氪首发 | 农情遥感平台「珈和科技」获数千万元 A 轮融资,农险和农情领域最落地

36氪近日获悉,农情遥感解译科技公司「珈和科技」获数千万元 A 轮融资,由国科嘉和领投,原有投资方光谷人才跟投。融资用于加大研发和市场投入,加快产业链上下游的资源整合,同时开展与其他服务机构的合作。

我们曾于去年报道过珈和科技,这是一家成立于 2013 年初的卫星影像解译公司,将“遥感 + AI”技术与农业结合,应用于农业保险、农业监管、农业统计、产量预估、期货证券、资源环保等领域。

目前,珈和科技基于卫星数据“存储管理、分析应用”的价值链,分别形成两块业务产品:珈和遥感私有云、珈和农情遥感平台。

农情遥感平台是珈和科技最核心的业务产品,目标客户为政府单位、保险公司、农业企业以及金融投资机构等。其利用卫星遥感视点高、视域广、数据采集快和重复、连续观察的特点,为农业客户提供数据查询、分析、预测、预警等功能,从而为客户在关键期及时有效的带来决策参考。

具体应用上,平台可提供全球 16 个农业主产国的大宗农作物生长信息,包括分布、长势、产量、降水、地温、干旱等,精度可达一公里。卫星过境后,最快可在半小时内完成数据的获取、分析和展示,早于 USDA 等国际机构发布的数据。目前该类数据已通过中国农科院官方网站向全球免费发布。

36氪首发 | 农情遥感平台「珈和科技」获数千万元 A 轮融资,农险和农情领域最落地

美国植被的长势变化图,每 8 天更新一次

平台基于国产卫星高分数据,可解译出全国多个省份大宗农作物的分布和面积,精度达 16 米。该类数据可以为统计、保险等多个单位提供内参,节省客户一半以上的人力和时间成本。

36氪首发 | 农情遥感平台「珈和科技」获数千万元 A 轮融资,农险和农情领域最落地

中国大豆的分布图,从出苗起每 2 个月更新一次

另外,平台的保险定损功能,可通过对比灾前灾后的影像数据,测算出受灾面积和受灾产量,比传统测损方式时效性和准确度更高。

36氪首发 | 农情遥感平台「珈和科技」获数千万元 A 轮融资,农险和农情领域最落地

2018年6月,大兴安岭森林火灾,通过实时影像的前后监测,在大火熄灭当天测算出受灾面积

盈利模式方面,珈和科技通过 SaaS 平台,提供数据售卖和分析服务,客户按年付费。平台所有大 B 客户均由珈和自有销售团队拓展,部分小 B 客户由渠道商或合作方拓展。

联合创始人陈淑敏表示,目前珈和每年营收增速在 2 倍以上,18 年上半年营收已超过去年全年。其中政府单位和保险公司客户发展最为快速,占到其营收的 80% 以上。

谈及珈和科技的优势,陈淑敏认为是在“遥感+AI”技术上。珈和的技术团队来自遥感专业世界排名第一的武汉大学,拥有数据标注和算法团队,创建了“农业遥感解译知识库”和“标注数据库”,利用人工智能技术训练自有模型,从而在时效性、准确度、实用性上具有优势。

目前,珈和正在加速开拓国内外农业遥感应用市场,希望寻求长期、战略合作伙伴及渠道代理商,合作范围包括宏观农业监管、农业土地规划和流转、农业种植指导、期货证券投资等领域的精准化应用服务。

农情遥感解译应用领域的公司,国外有 Orbital Insight(去年获 5000 万美元 C 轮融资)、DescartesLabs(去年获 3000 万美元 B 轮融资)和 Spaceknow 等,国内还有航天宏图、二十一世纪、地空数驰、佳格天地等。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

リモートセンシング解釈技術を農業に応用する企業・珈和科技 (JiaHe Info、ジアホー・インフォ)が、シリーズAラウンドで数千万元の資金を調達したことが2018年7月3日にわかった。キャッシュ・キャピタル(国科嘉和)をはじめ、従来の出資方であるオプティックス・ヴァレー・エリート・インベストメント(光谷人才)から調達した資金は、研究開発、マーケットへの投資拡大や、産業全体の資源統合の加速と、他サービス機構との協力関係構築に使われる。

衛生撮影画像で農作物の生産管理ができる

36Krによる2017年の既報では、珈和科技は2013年初に設立した企業。衛星画像を観測・解析する「リモートセンシング(遠隔探査)」とAI技術を農業と連携し、農業保険・生産管理・農業統計・生産量予測・先物取引と有価証券・農業資源や環境保護などの分野に応用している。

珈和科技は現在、採取データの管理・分析・応用からなるバリューチェーンに基づいて、2つのビジネスプロダクトを形成している。ひとつはリモートセンシングプライベートクラウド、もうひとつは農作物の生育状況や環境を観測・分析するリモートセンシングプラットフォームだ。

リモートセンシングプラットフォームは珈和科技の主要ビジネス製品であり、政府機関、保険会社、農業系企業と金融投資機構を対象にしている。衛星画像の遠隔かつ広域に及ぶ視野、迅速かつ無数に反復するデータ収集能力、継続した観測機能などの特徴を利用して、農業関連の情報提供・分析・予測と早期警報などを顧客に提供する。顧客にとっては、重要なタイミングでしかるべき決断を出すための有効な参考材料になるのだ。

具体的な応用例を挙げると、同プラットフォームは、世界16カ国の農業国で生産される大半の農作物について、その分布・成長状況・生産量・降水量・地温・干ばつなどを含む成長情報を提供できる。位置決定精度は最大で1km。衛星が通過した後は最短30分以内にデータの取得・分析・表示を完了することができる。これは、米農務省などの海外機関によって発表されたデータよりも早い。現在、この種のデータは、中国農業科学院の公式サイトを通じて世界に無料で公開されている。


図:米国植生の成長チャート。8日ごとに更新される

同プラットフォームは国産衛星がはじきだすハイスコアデータに基づいているため、中国国内各地の大規模作物の分布と面積については、最大16メートルの位置決定精度でとらえる。こうしたデータは統計や保険関連など多くの機関で参照され、彼らのマンパワーや時間に関して半分以上のコスト削減に貢献している。


図:中国の大豆畑分布図。発芽から2ヶ月ごとに更新される

さらに、保険の損失測定に関しては、災害前後の画像データの比較によって被災面積と被災生産量を測定する。従来の測定方法を使用するよりも精度、適時性ともに高い。例えば2018年6月、中国北部の大興安嶺で発生した森林火災の際は、鎮火した当日に火災発生前後のリアルタイムの監視画像をみて被害面積を割り出した。

年成長2倍を達成する強みは?

利益モデルに関しては、SaaS(Software as a Service)プラットフォームを通じてデータの販売や分析サービスを提供している。顧客は1年ごとに料金を支払う。大口顧客はすべて自社営業チームが獲得。それ以外の一部の顧客は、チャネルパートナーなどによって開拓された。

共同設立者である陳淑敏(チェン・シューミン)氏によると、珈和科技の年間売上高は年2倍以上の勢いで成長している。2018年度上半期の売上高だけでも、すでに昨年の年間総売上を上回っている。中でも、売上高の80%以上を占める顧客は政府機関や保険会社。その拡大は最も速かった。

珈和科技の強みについて陳氏は、「リモートセンシングとAIを掛け合わせた技術にある」と考えている。珈和科技の擁する技術チームは、リモートセンシング業界で世界最高峰とされる武漢大学からの専門技術チームだ。データのアノテーション技術と処理技術に優れ、「農業リモートセンシング解釈知識のデータベース」と「アノテーションデータベース」を築き、人工知能技術訓練の独自のモデルを使用しているため、適時性や、正確性と実用性には優勢がある。

現在、同社は国内外の農業にリモートセンシングを応用する市場の開拓を加速し、長期かつ戦略的パートナーおよびチャネル・エージェントを求めている。協力の範囲は、農業のマクロ規制、農地の計画と譲渡、作付けに関するコンサルティング、先物取引・投資有価証券分野などでの応用サービスを含む。

リモートセンシング解釈技術を農業に応用している企業は、海外ではオービタル・インサイト社(2017年、Cラウンドで5000万米ドルの資金を調達)、デカルト・ラブス社(2017年、Bラウンドで3000万米ドルの資金を調達)とスペースノウ社などがある。国内にもPiesat(航天宏図)、二十一世紀、ディーコン(地空数馳)、ガゴグループ(佳格天地)などの企業がこの技術を応用している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手