海風教育 Cラウンド1億ドル超の資金調達 好未来と源码资本は再度注目

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

投資注目記事

海風教育 Cラウンド1億ドル超の資金調達 好未来と源码资本は再度注目

36氪独家|海风教育完成C系列超1亿美元融资,好未来、源码资本再加注

核心要点:

海风教育C系列融资超1亿美元,目前没有盈利,但现金流及运营状况良好。公司短期内无上市时间表。

教育培训企业,初始驱动力的核心关键点是,一定要由产品驱动。三大突破点:时空问题、教学交互过程中体验痛点问题、管理运营效率提升问题。

小班只是看上去很美,更多是新东方、好未来这样具有品牌势能和流量基础大公司的生意,创业公司难度非常大。

未来1-2年,在线1对1辅导行业格局将定,预计3到4年内该赛道增速将超20%。

36氪今日独家获悉,K12在线1对1辅导品牌海风教育已获C+轮融资,好未来、源码资本和某主权基金领投,算上年初由好未来和源码资本投资的数千万美元,海风教育C系列融资超1亿美元。此前,海风的资方还有同属互联网教育领域沪江旗下的互桂基金。

海风教育创始人兼CEO郑文丞告诉36氪,本轮融资完成后,公司预计将一半投入技术和课程内容,在保证用户留存、经济规模较健康、团队企业文化和组织能力的前提下,扩大市场占有率,前期配合大量品牌营销,同时进行业务团队扩招。好未来作为战略投资方,未来将与海风教育的业务打通。目前双方已在教师人才梯队建设、教研工作方向深度合作。

实际上,好未来同样有在线1对1中小学教学业务,从郑文丞透露给36氪的信息看,好未来是海风教育的前列机构股东,前者尊重海风教育独立发展。至于上市,他表示,短期内海风教育并无严苛时间表。

从线下到纯线上,做在线1对1要抓住产品力突破点
2014年是海风教育的临界时间点,往前4年,公司核心业务是线下自主招生辅导,往后至今,海风变身为纯在线教育企业,瞄准K12(学前教育至高中教育)这一细分领域。

郑文丞秉持一个观点:一家伟大的教育培训企业,初始驱动力的核心关键点是,一定要由产品驱动。即有产品上的突破点,能积累早期快速口碑,奠定良性循环基础。一如已上市的新东方和好未来,成长轨迹皆可作为印证。他举例,新东方过去开创的风趣课堂环境和励志的课堂氛围,让它从同类课外培训辅导机构脱颖而出。

在他看来,线上1对1教学产品的突破点在于解决行业三大课题:时空问题(这点但凡纯互联网教育企业都能解决);教学交互过程中体验痛点问题,如消费者和用户分离导致的教学黑盒、如何保质的教学管理问题;管理运营效率提升问题。

针对第二点,海风教育4月曾发布好望角AI系统,通过识别学生及老师的表情和眼动,系统将依据两方学习和教学状态判断,及时预警并提醒调整。据郑文丞介绍,未来海风还将在语音语义,基于日志数据识别形成题、老师、学生三个维度用户画像方面投入。目前,海风教育有从小学到高中学科培优、自主招生辅导两大课程服务体系。

早在2015年,郑文丞曾对外称,海风年营收千万元,净利40多万元。现在谈到盈利问题,他告诉36氪,海风没有盈利,但公司现金流状况、核心运营指标非常好,客单价在1.5万左右。他的言语中透露,海风现阶段主要目标是抢占更多市场份额。

竞争:小班只是看上去很美,未来1-2年行业里龙头将定
K12成为创业公司最密集的赛道。智研咨询数据显示,2016年K12课外辅导整体市场规模在3390亿元,预计2020年上升至6680亿元。具体到在线1对1辅导细分赛道,除海风教育、掌门1对1外,36氪还报道过三好网、学霸来了、轻轻家教、致优教育等。

当被问及海风教育最关注哪家,郑文丞告诉36氪是掌门1对1,理由是两家规模、单位营收体量、融资规模相近。

年初海风教育宣布获得C轮融资前一两周,另一家中学1对1辅导品牌掌门1对1刚完成1.2亿美元D轮融资。

截至去年底的公开数据,掌门1对1注册学员数超200万,2017年全年总营收预计超10亿元,学员续费率高于80%。当时,掌门1对1CEO张翼表示,2018年公司目标注册学员将达1000万。

郑文丞仅向36氪透露了少许数据:海风教育注册学员数为500、600万;复购率如果“按同样计算标准看(注:各家统计标准不一),海风是领先的”。他认为海风竞争壁垒是反映用户体验好坏的留存情况。相较竞争对手靠市场、靠销售驱动,海风主要重心放在后端教研、教学、产品上,靠产品力驱动。

尽管在线教育1v1模式发展至今,商业模式能否跑通已过追问阶段,不过围绕1v1核心要素——成本结构和规模化方面的优化仍在进行。小班课成为兼顾ARPU、规模经济和高效互动性的折中方案。

据36氪不完全统计,去年3月至今,中国有9家企业上线小班课程,如VIPKID、51Talk、魔力耳朵等。真格教育基金副总裁姜敏前不久撰文指出,班组是2018年K12在线辅导市场的新风口之一。

“小班只是看上去很美,好像毛利率高。”郑文丞说道,但凡是涉及1对多模式,就要考虑到学员水平近似,加上凑班,互联网优势将被削弱,市场销售费用增加,招生成本将提高。创企去做这块难度非常大,相反如好未来、新东方等已拥有品牌和流量基础的大公司,做1对多在线教育更有优势,这里包括小班、大班和双师模式(名师授课与实时辅导相结合)。

相较之下,大公司对1v1模式的影响会小很多,加之它们往往更侧重有自身优势的其他业务,如好未来对网校类业务押重码,1对1业务占比较小,因此在线1对1辅导领域创业公司的机会在于从产品力方面突破。

除1对1教学模式外,去年有报道指出海风教育将推出一对多个性化小班课服务。但这次跟36氪沟通,郑文丞为海风涉足小班设立了两项前提:首先,在在线1对1辅导领域处于明显的龙头地位;其次,已确立自身的品牌势能和流量基础。

“我不觉得我们现在这个发展阶段的企业和赛道的公司,谁具备这样的品牌势能和流量势能,在这么早的阶段去做业务多元化,”郑文丞强调,行业内新东方、好未来在启动多元化前,都是先在自己的核心业务领域,做到毫无争议的第一名后,才去借助它的行业品牌势能和运营能力势能做内容拓展。

至于何时在线1对1市场会明确格局分化,郑文丞觉得1-2年将见分晓。他预计,未来1对1教学赛道增速将大于全K12教育行业,映射到互联网上,在线1对1教学增速将比在线班课快。未来3-5年内,在线1对1教学占整个1对1教育市场的比重将超20%。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

主な要点:

・海風教育のCラウンド資金調達は1億ドルを超え、現在利益は上がってはいないものの、キャッシュフローと運営状況は良好である。会社はしばらく上場予定はない。

・教育訓練企業の最初の原動力は製品が鍵となる。克服すべき三大問題は、時間と空間の問題、授業の過程で経験する難しい問題、管理運営の効率向上の問題である。

・小人数クラスは良いように思えるが多くは‘新東方’や‘好未来’といった、ブランド力と流量基盤が大きな会社が牛耳っており、新しい会社創立はかなり難しい。

・今から1-2年の間には、1対1のオンライン家庭教師業界が確立され、3-4年の内には20%増加する見込みである。

36Krは、1対1のオンライン家庭教師のブランド‘海風教育’が、主に‘好未来’や‘源码资本(sourcecode capital)そして某基金からC +ラウンドの資金調達を得、今年始めに‘好未来’と‘源码资本(sourcecode capital)から受けた数千万ドルの投資を含め、‘海風教育’のCラウンド資金調達が1億ドルを超えたことを知った。その前には、‘海風’の資本バックとして、同じくインターネット教育分野に属する‘フージャン’下の‘フーグイ基金’がいた。

‘海風教育’の創始者兼CEOのZheng WenChengは36Krにこう語った。今回の資金調達が終わった後、会社はその半分を技術と授業内容に投入し、ユーザーの保留、経済面での安定、団体企業文化と組織能力の前提の下市場シェアの拡大をし、初期段階では多数のブランドマーケティングと協力すると同時にビジネスチームの更なる招待を行う予定である。‘好未来’は戦略投資側として、将来的に‘海風教育’と業務を行うことになる。いまのところ両者は、教師人材指導と教育研究の分野で深く関わっている。

実のところ、‘好未来’も同様の1対1の小中学生対象のオンラインレッスンを行っているが、Zheng WenChengが36Krに明らかにしたことからすると、‘好未来’は‘海風教育’の先駆け株主で、‘好未来’は‘海風教育’の独自の開発を尊重しているようだ。上場に関しては、‘海風教育’は厳密な計画を持ってはいないと彼は述べた。

オフラインから純粋なるオンラインへ 1対1オンラインレッスンの突破口

2014年は、‘海風教育’にとって重要な年である。4年前、会社の中核業務はオフラインで家庭教師を行うことだったが、その後今日に至るまで、‘海風’は純粋なオンライン教育企業に変身を遂げ、K12(就学前教育から高校教育まで)という分野を目標とした。

Zheng WenChengは、良い教育訓練会社の最初の原動力の中心は製品であるという見方を支持している。製品上の問題を克服してこそ、早く良い評判を積み重ね、良い循環の基礎が築かれる。例えばすでに上場した‘新東方’と‘好未来’の成長記録はそのことを証明している。彼は例として、‘新東方’が過去において開発したユーモアあふれる授業環境と励みある雰囲気は、‘新東方’が同様の学校外補習塾の中で際立った存在となったことを挙げた。

彼によると、1対1のオンライン教育製品の問題を克服する鍵は、業界の三大課題を解決する必要がある。時間と空間の問題(しかしこの点は純粋なるオンライン教育企業であれば解決できる)、授業の過程で経験する難しい問題、例えば消費者とユーザーが別れたことによる教育ブラックボックスやどのように授業の質を管理するかといった問題、管理運営の効率向上問題などである。

2つ目の点については、‘海風教育’は4月に喜望峰AIシステムを発表したが、そのシステムは生徒と教師の表情や目の動きを通して双方の学習と授業態度を識別判断し、その都度警告したり調整を促したりする。Zheng WenChengの紹介では、今後‘海風’は音声セマンティクスにおいてタイトル、教師、生徒の三次元ユーザーのポートレートをログデータで身元確認するようになる。応募する補習レッスンの二大カリキュラムサービス体系もある。

早くも2015年には、Zheng WenChengは外部に対し、‘海風’の年収益は1000万元、純利益は40万元強であると述べていた。利益といえば彼は36Krに、‘海風’は現在利益はないもののキャッシュフローやコア運営指標はとても良く、顧客単価は1.5万くらいであると述べた。彼の言葉から、‘海風’の現段階の主要目標はより多くの市場シェアを奪うことであることが分かる。

競争:小クラスの見た目は良いが、あと1-2年で業界のリーダーが決まる

K12は、新しい企業が密集する“トラック”となった。‘智研コンサルティング’のデータによると、2016年にK12学校外補習全体の市場規模は3390億元、2020年には6680億元に上昇すると見積もられている。具体的には1対1のオンラインレッスンの内訳として、‘海風教育’、‘ジャンメン1対1’の他に、36Krは‘サンハオワン’、‘シュエバーライラ’、‘チンチンジャージャオ’、‘ジーヨウジャオユー’なども報道してきた。

‘海風教育’が最も注目している会社について尋ねられると、Zheng WenChengは36Krに‘ジャンメン1対1’であると答えた。理由はこの2社は規模や部門の収入量、融資規模も近いということだ。

2018年始めに‘海風教育’は、Cラウンド資金調達を宣言する1、2週間前、もう一方の中学1対1補習ブランド‘ジャンメン1対1’は1.2億ドルのDラウンド資金調達を終えたばかりだった。

2017年末公開されたデータによると、‘ジャンメン1対1’の登録学生は200万人を超え、2017年の年間総収益は10億元と見られ、学生の更新率は80%の高さである。当時、‘ジャンメン1対1’のCEO Zhang Yiは、2018年の会社の目標は登録学生の数を1,000万人に到達させることだと述べた。

Zheng WenChengは36Krに少しのデータを明らかにしただけだった。‘海風教育’の登録学生は500、600万人;買い戻し率はもしも同じ方法で計算した場合(各社で統計基準は違うので)、‘海風’がリードしている。彼は、‘海風’の競争の障壁はユーザーエクスペリエンスの保持状況を反映していると考えている。競争相手は市場と販売原動力に頼っているのに対し、‘海風’はバックエンドの研究、授業、製品力に力を入れている。

1対1のオンライン教育形式が発展してきた今日、ビジネスモデルの実現可否が問われる段階は過ぎたものの、1対1を巡る核心的要素―コスト構造と規模の最適化は引き続き行われている。小人数クラスレッスンはARPUと規模経済、効率的なインタラクティブ性の折衷案に配慮を払っている。

36Krの大まかな統計によると、2017年年3月から同年末に至るまで、中国にはオンライン小人数クラスレッスンの企業が9社ある。例えばVIPKID、51Talk、‘モーリーアードゥオ’などがある。ZhenFundの副総裁Jiang Minは少し前に、こうしたチームは2018年K12オンライン補習市場の新たな風向きであると書いている。

“小人数クラスは見たところ、売上総利益率が高く見える”。Zheng WenChengは、しかし1対複数の形式は生徒のレベルが同程度かどうかを考慮した上でクラスを組まなくてはならず、そうするとインターネットの有利さは大いに削減されてしまう、市場販売にかかる費用は増加し、生徒募集のコストも高くなる、と言う。新しい企業がこうしたことを行うのはかなり難しいが、反対に‘好未来’や‘新東方l’などすでにブランド力と流量基盤を持っている大企業が1対複数人のオンライン教育をするのは有利である。それには小人数クラス、大人数クラスとダブルポジションモデル(有名な教師の授業とリアルタイムの補習の組み合わせ)が含まれる。

比較してみると、大企業の1対1形式に対する影響は少ない上に、彼らは自分たちの有利なその他の業務に力を入れる。例えば‘好未来’では1対1レッスンはそれほど多くの業務を占めておらず、それゆえに1対1オンライン家庭教師の業界で、新しい企業は製品力次第で生き残る機会があるのだ。

1対1のレッスン形式以外にも、‘海風教育’は2017年に1対複数人のパーソナライズされた小人数クラスサービスを売り出したと報道された。しかしこの度Zheng WenChengは36Krに、‘海風’の参加する小人数クラスに二つの前提を設けると告げた。まず1対1のオンライン家庭教師の分野が明らかに主な地位を占めていること。次に、すでに自身のブランド力と流量が確立されていることである。

「我々は今発展途上にある企業として、そうしたブランド力と流量力を持ち この早い段階で業務の多元化ができるとは思っていない」。Zheng WenChengは、同業者の‘新東方’や‘好未来’は多元化を図る前に、まず自らの核心的な業務において疑いもない第一人者になって後、そのブランド力と営業力をもって業務の拡大をしたのだと強調した。

オンライン1対1レッスン市場がいつ明確に取り分けられるかについては、Zheng WenChengは1-2年であろうと考えている。彼は、将来1対1レッスンはK12教育業界全体の中でも最も成長率が高くなり、それはインターネット上にも反映されて、1対1のオンラインレッスンはその他のオンラインレッスンよりも成長すると見ている。この先3―5年間のうちに、1対1のオンラインレッスンは全ての1対1教育市場の20%を超えることになる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手