老舗ブラウザOperaが7月、アメリカ市場に上場

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

マーケティング

老舗ブラウザOperaが7月に、アメリカ市場に上場、

老牌浏览器Opera将7月赴美上市,募资最多1.15亿美元

老牌浏览器Opera经收购退市后,现在又再度向IPO迈进。美国时间6月29日,Opera已向SEC提交上市申请,预备在纳斯达克上市,股票交易代码为OPRA。招股书数据显示,Opera计划最多募资1.15亿美元。发行价、发行量等数据暂未披露。
36氪从知情者处获悉,Opera预计上市时间在7月。当月,与Opera同有昆仑万维背景的映客也将在港交所上市。

日前,昆仑万维董事长兼CEO周亚辉己辞去昆仑万维CEO职务,担任Opera董事长兼CEO。招股书显示,在Opera IPO前,周亚辉拥有Opera 1.35亿股普通股,持股比例为67.5%。

Opera浏览器前身是一款挪威Opera Software ASA公司制作的浏览器,成立于1995年。PC时代霸主、塞班时代省流量黑科技是现在一些用户对Opera的印象。辉煌时期,Opera与IE、Firefox一并占据浏览器前三之位。

然而因缺乏操作系统并在市场行动上迟缓,Opera市场份额逐渐下滑。2015年8月,NetMarketShare统计数据显示,Opera全球市场份额仅为1.27%,对比之下,Firefox是它的10倍,Chrome是它的20倍,IE是它的50倍。

2016年,Opera浏览器等消费者业务被奇虎360和昆仑万维接手,但彼时Opera年亏损达923万美元。

接手后,占大股的昆仑万维主要负责Opera运营,360及周鸿祎扮演指导交流的角色。

反映到数据上,Opera目前整体已扭亏,截至3月31日,Opera 2018年Q1经调整后净利润987万美元,同期净利润78万美元,营收同比增长54.8%至3944.6万美元。

按周亚辉布局逻辑,浏览器是用户入口,“再往其他超级App切,同时进入到一些盈利能力比较强的领域”,这样便能深耕其有用户的地区。

昆仑万维在Opera原有搜索里,新增信息流,这与百度和谷歌等浏览器都在加入信息流增加用户使用时长的思路类似。

按业务划分,Q1季度,Opera浏览器月活数已达3.22亿人,其中移动端为2.64亿。增添信息流后,日均浏览器使用时长较同期增长40.4%至32分钟。

尽管相比市占率近70%的Chrome还有距离,但Opera市场份额较低落期有所增长。StatCounter-Desktop Browsers数据显示,截至今年2月,Opera全球市场份额为2.24%,位列第六。

最前线|老牌浏览器Opera将7月赴美上市,募资最多1.15亿美元

把浏览器作为用户入口,通过用户量、使用时长两方面维度提升产品价值的同时,周亚辉还在为Opera规划布局强盈利的领域。

“七大生意最挣钱。”周亚辉对36氪说,社交网络、三大数字内容——新闻、视频、音乐,三个线下电商、物流、支付。

基于这种理念,Opera年初新增了独立应用Opera News,可简单理解为做个性化内容推荐的今日头条。2018年Q1,Opera News月活用户达9020万。

Opera还涉足了消费金融业务。据周亚辉透露,Opera已在其有用户量的地方都拿到消费金融牌照。招股书数据显示,Opera主要用户在爱尔兰、俄国等地。从周亚辉的表态看,划分在其他类别、占据近40%营收的非洲、南亚、东南亚等地区,是接下来Opera重点突破的市场。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

老舗ブラウザOperaが買収され、上場廃止された後、再びIPO(新規公開株)に邁進しているのだ。

アメリカ現地時間6月29日、OperaはSECに上場申請をし、近くナスダック市場にOPRAとして上場する準備を進めている。発行価格、流通などのデータはまだ公開されてはいないが、目論見書データ表示では、最大で1億1500万ドルの資金調達ができると見込んでいる。

36Krがある内部者を通じて得た情報によると、Operaの上場予定は7月に予定しているとのこと。同じ月に、OperaとKunlun Wanweiの背景を持つYing keも香港証券取引所に上場する予定である。

最近、Kunlun Wanweiの会長兼CEO、周亜輝(Zhou Yahui)氏はKunlun WanweiのCEOを辞任し、Operaの会長兼CEOを務めている。 目論見書によると、OperaのIPO(新規公開株)の前に、周亜輝氏は67.5%の株式保有比率で、Operaの1億3500万株を所有していたのである。

Operaブラウザの前身であるノルウェーの Opera Software ASA製のブラウザで、1995年に設立されたのだ。PC時代の覇者、Symbian時代の省エネのブラックサイエンスは現在でもOperaユーザーがある程度いる。輝かしい時代には、OperaとIE、Firefoxは共にトップ3のブラウザを占めていた。

しかし、オペレーティングシステムが不足し動きが遅いため、Operaの市場シェアは徐々に低下していった。2015年8月、NetMarketShareの統計によると、Operaの世界シェアは1.27%であったのに対し、FirefoxはOperaの10倍、Chromeは20倍、IEは50倍だった。

2016年にOperaブラウザなどの消費者ビジネスがQihoo 360とKunlun Wanweiに引き継がれたが、当時、Operaは932万ドルの損失を出したのである。

引継ぎ後、大株主であるKunlunwanhuiは、Opera事業を担当しており、360およびZhou hongyiは通信指導の役割を果たしていた。

これがデータに反映され、Operaは3月31日Opera2018Q1の調整純利益987万ドル、同じ期間の純利益78万ドル、収入は3944.6万ドルで54.8%増加したのである。

周亜輝氏のレイアウトロジックによれば、ブラウザはユーザーの入り口になっている。「他のスーパーアプリに行き、収益性の高い領域入る」ことで、ユーザーがいる場所がわかるようにできる。

Kunlun Wanweiは、BaiduやGoogleなどのブラウザが情報フローを追加してユーザーの利用を増やしているという考え方に似ている、Operaのオリジナル検索の情報フローを追加した。

この事業は、第1四半期のOperaブラウザの月間利用数は3億2,200万に達し、そのうち2億6,400万分はモバイル端末が利用されていた。 情報ストリームを追加した後、平均ブラウザー使用時間は40.4%増加し32分になった。

Chromeの市場シェアは70%近くであるにもかかわらず、Operaの市場シェアは低い割合で増加している。 StatCounter-Desktop Browsersのデータによると、今年2月現在、Operaの世界市場シェアは2.24%で6位にランクされている。

ユーザーの入口としてブラウザを利用し、ユーザーの数と使用時間に2つの点で製品の価値を高めることで、Zhou YahuiはまだOperaの収益性の高い分野を探している。

”7つの大きな稼ぎ頭。”周亜輝氏は、それは、ソーシャルネットワーク、3つの主要なデジタルコンテンツ ーニュース、ビデオ、音楽、3つのオフライン電子商取引、物流、支払い、だと話す。

この考えに基づいて、Operaは年初に個別のアプリケーションであるOpera Newsを追加した。これは、パーソナライズされたコンテンツ推奨の見出しとして容易に理解できる。
2018年第1四半期、Opera Newsには月額9200万のユーザーになった。

Operaはコンシューマーファイナンス事業にも携わっている。周亜輝氏 によると、Operaはユーザーが多い場所で消費者金融ライセンスをも取得している。 目論見書のデータによると、Operaの主なユーザーはアイルランド、ロシアなどにある。 周亜輝氏の発言から判断すると、アフリカ、南アジア、東南アジアなどの地域では売上高の40%近くを占める他のカテゴリーに分類され、Operaの次の重要な画期的市場である。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録