飲食店にミニプログラムのSaaS解決スキームを提供、「凸賛」は1千万クラスの人民元Pre-A融資を獲得

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

マーケティング

飲食店にミニプログラムのSaaS解決スキームを提供、「凸賛」は1千万クラスの人民元Pre-A融資を獲得

为餐饮店提供小程序SaaS解决方案,「凸赞」获千万级人民币Pre-A轮融资

36氪获悉,小程序行业解决方案提供商「凸赞」完成 Pre-A 轮千万级人民币融资,投资方为中美创投,方创资本担任本轮融资的独家财务顾问。本轮融资后,凸赞将继续为更多餐饮商家搭建小程序SaaS平台,并联合各大配送平台解决配送问题。

凸赞创立于 2017 年,公司帮助线下门店创建小程序、深化运营推广、解决物流配送问题,并提供咨询服务、定制迁移服务、运维服务等。目前,凸赞的业务专注于餐饮和新零售领域。

创始人兼 CEO 丁文飞告诉36氪,去年下半年团队发现了外卖平台存在抽佣过高、商家无会员沉淀、单一配送体系不能解决高峰期即时配送等问题,于是开始针对餐饮行业物流配送、会员体系等方面推出服务。

据 DCCI 发布的《2017中国网民网络外卖服务调查报告》显示,饿了么、美团外卖、百度外卖三大平台占据了市场九成以上的份额。然而,根据规则,美团等平台每单会向商家抽取 18% 左右的佣金。

以一年外卖流水 100 万元的外卖小店为例,一年佣金至少要交 18 万(每单佣金至少为 5 元)。同时,在外卖扎堆的热点区域,许多商家会采用平台推出的付费服务来提升店铺排名、菜品口碑。

凸赞会为餐饮商家提供基于小程序的 SaaS 服务平台,商家端同样可以完成修改菜单、外卖价格、优惠活动等操作,也可以在用户使用小程序后获得相关会员信息,方便对老用户群进行运营。

丁文飞认为,美团等外卖平台虽然流量大,但最终积累的会员还是属于平台的,而商家自己却很难建立自有会员体系。

“凸赞相对于外卖平台的壁垒,是能够通过小程序建立商家自有社群(途径包括语言引导、卡片扫码入群、支付引导等),将线下门店流量导流到小程序,同时让商家脱离平台佣金的束缚。”

而为了解决外卖的核心问题——配送,凸赞整合了近 10 家第三方配送服务商(达达、点我达、爱跑腿等),并建立了自有配送平台“叮叮配送”。通过后台大数据计算模型,商户拥有最低派单价格与最快配送速度两个选项。

丁文飞表示,“叮叮配送整合了全网骑手资源,提高了单独商户配送效率,且让商家可选择更多配送方式,能够摆脱大平台对于配送的相关硬性要求。”

商业模式方面,凸赞以 2800 元的年费形式向中小型独立门店收费,而一年核算下来,对比 18% 的凭条抽佣,商户的外卖流水只要高于 15500 元便可值回年费。同时,丁文飞表示,腾讯开放了小程序广告,商家在接入广告后也会自发引流到小程序,以提高自己的收益。

事实上,在各大外卖平台席卷我国市场以来,虽然占据了绝大部分市场,但很多生鲜、蔬菜、小餐馆等复购率高的商家,依然保持着社群或电话等订购方式,凸赞小程序的定位决定着其小程序可以为更多这类商家赋能。以社区便利店、小吃店等居民刚需场景为例,在接入小程序后,可在佣金下降的基础上为顾客提供更多优惠,同时也有利于提高用户粘性。

丁文飞告诉36氪,目前,全国范围内已有超过 5000 个商家正在使用凸赞开发的小程序,其中餐饮行业商家超过 2000 家,而每月新签约商家已达 600 家。

我是36氪作者刘士武,关注前沿技术、AI、汽车出行、电竞,寻求报道请加微信 liushiwude 并注明公司+职位+事由,谢谢!

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

36Krが得た情報によると、ミニプログラム事業の解決スキームを提供する「凸賛」が、Pre-Aラウンドで1千万クラスの人民元融資が完成し、中米ベンチャーキャピタルが投資を行い、方創資本が本件融資の財務顧問を担当している。本件融資後、凸賛はさらに多くの飲食店にミニプログラムのSaaSプラットホームを築くことを継続させ、同時にそれぞれの配送のプラットホームにおける問題を解決する。

凸賛は2017年創立、オフライン店舗にミニプログラムを創建し、運営や宣伝を深化させることで物流は位相問題を解決し、同時にコンサルティングサービス、カスタム移行サービス、運用サービス等を提供した。目下、凸賛の業務は飲食と新しい小売り販売に集中している。

創始者兼CEOである丁文飛氏は次のように話している。昨年度下半期、チームはテイクアウトプラットホームの仲介業務が高すぎること、会員ではない販売業者の停滞、単一配送体系ではピーク時の即時配送が不可能である等の問題を発見した。そこで飲食業の物流配送、会員体系などの方面に対してサービスを開始した。

DCCIが発表した≪2017中国ネチズンテイクアウトサービス調査報告≫によると、餓了么、美団テイクアウト、百度テイクアウトの三台プラットホームが市場の九割以上を占めていることを明らかにした。しかし規則によると美団等のプラットホームは会計で販売業者から18%前後の手数料を取られる。

1年で100万元のテイクアウトを達成している小売店を例に挙げると、1年間の手数料は少なくとも18万(毎回の会計手数料は少なくとも5元)は払わなければならない。同時にテイクアウトという業務形態が1箇所に集まるようなホットな地域では、多くの販売業者がプラットホームで推奨する会計サービスを用いて店舗名への知名度やメニューの評判を採用している。

凸賛会は飲食業が提供するミニプログラムのSaaSサービスプラットホームであり、販売者が同じようにメニュー、テイクアウト価格、プロモーション等の操作を完成させ、古いユーザーグループが運営している。

丁文飛氏は美団テイクアウトプラットホームの流通量は大きいが、最終的に貯まった会員はやはりプラットホームに属しており、販売業者自身が会員カード体系を作るのが難しくなっている。

「凸賛はテイクアウトプラットホームのとりであり、ミニプログラムが販売者の自社グループを作ることを通して(途中言語案内、カードスキャンコード、支払い案内等も含まれる)、ネット下の店舗流通量がミニプログラムに流れ、同時に販売者がプラットホーム手数料という束縛から逃れることができる。」

テイクアウトの核心的問題である配送を解決するために、凸賛は第三者配送サービス業(達達、点我達、愛跑腿等)を10社近くを揃えた。同時に自社配送プラットホーム「叮叮配送」を作った。ビッグデータ計算モデルと通した後、商業手数料は最低単価、最速配送という2つのオプションを抱える事になった。

丁文飛氏は、「叮叮配送がネット全体の資源を一致させ、単独業者の配送効率を向上させた。同時に販売者が多くの配送方式を選択することができ、大プラットホームが配送に関係する要求から抜け出すことができるようになった」と言っている。

商業モデルの面においては、凸賛は2800元の年会費形式が小型独立店舗の費用となり、1年で計算すると、18%の証書手数料に対して、テイクアウト販売の売上高は15500元あれば年会費を回収できる。同時に丁文飛氏は次のようにも言っている。テンセントがミニプログラム広告を解禁し、販売者が広告を出した後でもミニプログラムに誘導して、収益を高めることができる。

実際、大規模テイクアウトプラットホームが中国市場を席巻してから、市場の絶大の部分を占めているが、多くは生鮮食品、野菜、ビストロなどの買い戻し率の高い商品であり、依然としてSNSや電話等での注文方式を維持しており、凸賛ミニプログラムのポジションを決定づけるのはオフラインのお店に更に自己アピール能力を付与することである。コミュニティ内のコンビニ、ビュッフェ等の住民が必要とするシーンを例に挙げると、ミニプログラムにスイッチを入れた後、手数料が下がり、顧客のメリットも多くなり、同時にまたユーザーの依存度も高まる。

丁文飛氏は次のように言っている。目下、全国で既に5000を超える販売が凸賛開発のミニプログラムを使用しており、その中でも飲食行の販売業者が2000を超えている。毎月新しく登録する販売業者は600ある。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録