ダイムラーと吉利、スマートEVでの提携に続きパワートレインの共同開発へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ダイムラーと吉利、スマートEVでの提携に続きパワートレインの共同開発へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ドイツの商業経済紙「ハンデルスブラット」によると独自動車大手ダイムラーは、中国の大手自動車メーカー「吉利(Geely)」と提携して、ハイブリッド車向けの次世代型内燃エンジン(パワートレイン)を製造する。

計画によると、このパワートレインはダイムラーが技術開発と欧州での生産を担当し、吉利は中国での生産を担当する。重要な点は吉利との提携によってダイムラーが毎年数億ユーロ(数百億円)の研究開発および生産コストの削減が見込めることだ、と同紙は指摘している。

同計画は2024年から実施される予定で、新しいパワートレインの年間生産量は数十万個を目指す。ダイムラー、吉利およびボルボ傘下のブランドに広く搭載される予定。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録