寺庫SECOOのCEO李日学:京東JD.com、天猫Tmall、 アマゾンがすべて高級ブランド品業界に参入してこそより十分な競争に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

マーケティング

寺庫SECOOのCEO李日学:京東JD.com、天猫Tmall、 アマゾンがすべて高級ブランド品業界に参入してこそより十分な競争に

36氪专访丨寺库CEO李日学:京东、天猫、亚马逊都入局奢侈品行业,竞争才能更加充分

核心提示:

■ 寺库会和京东在供应链体系、流量端口、金融,以及物流体系等方面进行深度合作。

■ 1.75亿美元投资是为期三年的可转债,交易完成后,L Catterton Asia和京东将共计持有寺库5%的股份,同时拥有为寺库任命一位董事和一名观察员的权利。

■ 寺库虽然身处奢侈品领域,但一直以来对标的公司却是美国运通和米其林。

过去近一年时间里,寺库上过的头条,似乎都围绕着寺库登陆美国纳斯达克,以及成为全球唯一一个奢侈品电商股的故事而展开。

这次引起业界广泛关注的,是一笔与京东、L Catterton Asia达成的1.75亿美元的投资。

在中国的奢侈品垂直电商领域,寺库一直占据着第一的位置。但业内有观点认为,综合电商阿里巴巴和京东,才是寺库真正的竞争对手。此次寺库与京东携手,似乎是放弃了同“两座大山”正面较量,以更省力的办法让对方的优势直接或间接体现在寺库身上。

对此,李日学给出的回复是,京东、天猫,甚至亚马逊都在试水奢侈品行业,市场有了更多巨头入局,竞争才能更加充分、更加有价值。

“我们的目标是与更多合作伙伴一同将奢侈品市场做得更大、更规范,而不是因为其他竞争者入局而改变自己的战略和策略。”

寺库创始人及CEO李日学日前在接受36氪专访时,聊了聊和京东、L Catterton Asia 1.75亿美元投资的细节、当前的竞争对手,以及公司的发展方向。

与京东合作不是偶然

7个月前,在接受第一财经采访时,李日学曾提及,寺库能成功上市,必须要感谢的一家公司是京东。

2017年6月22日,在寺库上市的前3个月,京东斥资3.97亿美元入股了全球最大奢侈品电商平台Farfetch。从那以后,一直有人告诉李日学,这下你们麻烦了,要和京东竞争了。但李日学的态度却是,“太好了,京东收购Farfetch,正是因为奢侈品做不好。”

7个月后,寺库就和京东就站在了同一条战线上。7月9日,寺库正式宣布与京东、L Catterton Asia达成合作。通过此次合作,寺库将获得1.75亿美元的投资。

谈及此次与京东合作的目的,李日学表示,就是要满足消费者对奢侈品的多样化需求,为他们提供最好的奢侈品购物体验。李日学透露,寺库会和京东在供应链体系、流量端口、金融,以及物流体系等方面进行深度合作。

事实上,尽管京东也有自己的奢侈品生意,但一直改变不了在时尚领域屡屡碰壁的境况。根据京东集团高级副总裁、京东时尚生活事业群总裁胡胜利的说法,寺库和京东未来将在无界零售方面有更广阔的合作空间。

具体而言,寺库需要京东通过无界零售来推进线下体验店的升级,帮助自己拿到更多品牌授权,以及开放流量入口,而京东也需要寺库来帮助自己扭转时尚品牌形象,走好奢侈品领域的下一步。李日学表示,京东的运营经验和业务优势,将帮助寺库在中国乃至全球范围内扩大和深化高端市场服务。

此次合作的另一个投资方L Catterton Asia,是法国奢侈品巨头LVMH发起的亚洲私募基金。一个值得关注的细节是,1.75亿美元投资是为期三年的可转债。L Catterton和京东一同认购了金额为175,000,000美元的可换股票据,可转换为若干数目的A类普通股。

L Catterton Asia此次共购买了寺库50万股美国存托股(ADS),这笔债券可转换成寺库网的A类普通股,利息将保持8%的年符合增长率,直至该交易完成后的第三年。

交易预计很快就能完成,届时,L Catterton Asia和京东将共计持有寺库5%的股份,同时拥有为寺库任命一位董事和一名观察员的权利。

巨头都加入了,竞争才能更加充分

在中国的奢侈品垂直电商领域,寺库一直占据着第一的位置。但业内有观点认为,综合电商阿里巴巴和京东,才是寺库真正的竞争对手。

寺库于2017年9月22日在美国纳斯达克上市,也是上市先后几个月,中国奢侈品市场迎来新的入局者——阿里巴巴和京东。京东先后入股Farfetch、全资开发了奢侈品服务平台TOPLIFE,而阿里巴巴则上线了天猫奢侈品虚拟APP Luxury Pavilion,开始进行奢侈品线上精准营销。

对于巨头的入局,李日学表示自己不仅没有感到焦虑, 反而更有动力。在他看来,奢侈品市场目前较为分散,用户在互联网上购买高端消费品的比例还较小,因而存在更多可能性。市场有了更多巨头入局,竞争才能更加充分、更加有价值。

“如今,京东、天猫,甚至亚马逊都在试水奢侈品行业”,李日学的目标是,与更多合作伙伴一同将奢侈品市场做得更大、更规范,而不是因为其他竞争者入局而改变自己的战略和策略。

至于寺库的竞争对手,李日学表示,寺库虽然身处奢侈品领域,但一直以来对标的公司却是美国运通与米其林。美国运通国际上最大的旅游服务及综合性财务、金融投资及信息处理的环球公司,而米其林则是专门评点餐饮行业的法国权威鉴定机构。

“这两家公司都把服务的标准化发挥到了极致,所以寺库也绝对不是单一去卖产品的平台,而是高端精品服务平台。”

但李日学也坦言,“每个企业都有每个企业的时代,最大的对手说到底,其实还是自己。”

股价低迷只是一时

2018年1月22日,卡地亚母公司历峰集团作价28亿欧元,收购意大利奢侈时尚电商集团Yoox Net-a-Porter(YNAP)剩余的全部股份。交易完成后,YNAP从米兰证券交易所退市。至此,在全球公开的资本市场当中,寺库成为唯一一个奢侈品电商股。

但这并不意味着,华尔街的投资人会给寺库这棵奢侈品电商领域的“独苗”以特殊待遇。事实上,寺库以13美元发行价登陆纳斯达克的第一天,股票就以23.08%的跌幅下行,最后报收于10美元,随后一个月都持续处于阴跌状态。作为寺库的投资方,IDG资本合伙人闫怡勝一度认为寺库被市场低估。

时至今日,最近52周内,寺库股价最高曾达14.75美元,目前虽徘徊在10美元上下,但在持续上升。截止发稿日收盘,寺库股价报10.96美元,上涨9.05%,盘后报11.01美元,微涨0.46%。

对此李日学认为,当前美股市场整体都不是很好,股价反反复复也很正常。至于寺库的股价,还是让寺库用实际行动去体现。

“资本市场很难预测,我只能说寺库还是坚持做好自己”,李日学告诉36氪:“寺库的股价已在慢慢回升当中,市场反应已经说明一切。”

对于寺库而言,未来退市回A是否是寺库潜在选择之一?李日学没有给予回答。

寺库的未来战场

值得注意的是,从奢侈品二手寄卖起家的寺库发展至今,已不能单纯用“奢侈品电商”来定位。注意到行业变革的寺库已开启“去奢侈品化”转型,形成了寺库生活、寺库名物、寺库艺术、寺库农业、寺库金融等多个业务板块。

事实上,李日学也不喜欢别人称寺库为奢侈品电商,尽管寺库最大的收入仍来源于线上商城。

对于36氪“为何要摆脱奢侈品电商标签”的疑问,李日学解释称,并不是要摆脱这一标签,而是在不断完善自己。寺库想要给消费者提供更全面、更高端的精品生活服务,市场也需要寺库这样的平台。

“这不仅仅是寺库的选择,也是市场的选择和沉淀。”李日学如此认为。

当前,寺库正在进一步探索新技术的运用,以及推进与品牌商的跨界合作。近日,寺库在上海举办寺库x Emotionally Unavailable品牌联名新品发布会,开始利用区块链技术来实现商品防伪溯源,并且将这项技术应用到商品上。寺库因此成为奢侈品领域内首个推出此项技术应用的企业。

“除此之外,寺库的核心板块也从寺库商业、寺库智能、寺库金融,扩充到寺库商业、寺库智能、寺库金融及寺库社群四大板块。”

“不是单纯的奢侈品才叫奢侈品”,李日学如是说。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

コア内容:

■ 寺庫SECOOと京東JD.comはサプライチェーン、インターネット流量のインターフェース、金融、及び物流体系などで密接なパートナーシップを結ぶ。

■ 1.75億ドルの投資は期間三年の転換社債で、取引完了後、L Catterton Asiaと京東JD.comは合わせて寺庫SECOOの5%の株式を持つことになり、同時に寺庫SECOOの取締役を一名、オブザーバーを一名任命できる権利を獲得する。

■ 寺庫SECOOは高級ブランド品カテゴリに位置づけられるが、ベンチマークとされる企業はずっとアメリカン・エキスプレスとミシュランである。

過去一年、寺庫SECOOのトップニュースは、ほとんどすべてアメリカのナスダック上場か、世界唯一の高級ブランド品インターネット通販になったことにまつわるストーリーに関連して展開されるものだった。

今回広く業界の注目を集めたのは、京東JD.comとL Catterton Asiaが合意した1.75億ドルの融資である。

中国の高級ブランド品インターネット直販カテゴリで、寺庫SECOOはこれまでずっとトップの座を占めてきた。しかし、業界内では、総合インターネット通販であるアリババ、京東JD.comこそが、寺庫SECOOの真のライバルであると見られている。今回の寺庫SECOOと京東JD.comの提携は、業界のツートップの真っ向勝負をあきらめたようであり、より省エネな手法で相手の強みを直接あるいは間接的に寺庫SECOOに反映させようとしている。

これについて李日学が出した回答は、京東JD.com、天猫Tmall、さらにアマゾンまでもすべて高級ブランド品業界に参入し、市場にもっと多くの大手が参入してこそ、競争がより十分でさらに価値あるものとなるというものだ。

「我々の目標はより多くのパートナーと一緒に高級ブランド品マーケットをより大きく、より整ったものにすることであって、他のライバルの参入によって自分たちの戦略や戦術を変えることではない。」

寺庫SECOO創業者兼CEO李日学は36Kr.のインタビューを受けた時に、京東JD.comと
L Catterton Asiaからの1.75億ドル融資の詳細、目下の競合ライバル及び会社の発展方向なども語った。

京東JD.comとの提携は偶然ではない

7か月前、第一財経インタビューを受けた時に、李日学は寺庫SECOO上場成功で必ず感謝しなければならない会社は京東JD.comであると語った。

2017年6月22日、寺庫SECOOが上場する三か月前、京東JD.comは3.97億ドルを投入して世界最大高級ブランド品インターネット通販プラットフォームFarfetchの株主となった。その後、李日学に「あなた達も困ったね、今回は京東JD.com争わないといけない」と言う人が絶えなかった。しかし彼の態度は、「よかった。京東JD.comがFarfetchをM&Aしたのは高級ブランド品ではうまく行っていないからだ。」というものだった。

7か月後、寺庫SECOOと京東JD.comは同じラインに立つことになった。7月9日、寺庫SECOOは京東JD.com、L Catterton Asiaと合意に至ったことを正式に発表した。今回の提携により、寺庫SECOOは1.75億ドルの投資を獲得する。

今回の京東JD.comとの提携目的について李日学は、消費者の高級ブランド品に対する多様化したご要望にお応えし、より良い高級ブランド品の購入体験を提供するためであると表明している。寺庫SECOOと京東JD.comはサプライチェーン、インターネット流量のインターフェース、金融及び物流体系などで密接なパートナーシップを結ぶことも明らかにした。

実際のところ、京東JD.comにも自前の高級ブランドビジネスがあるが、ファッションカテゴリで何度も壁にぶち当たる状況を変えることができていない。京東グループ上級副総裁・京東ファッションライフ事業ユニット総裁 胡勝利の話によると、寺庫SECOOと京東JD.comは将来ボーダレスリテールの分野でより幅広い提携の可能性を持っている。

具体的には、寺庫SECOOは京東JD.comがボーダレスリテールを通じてオフライン店舗での体験向上を推進することで、より多くのブランドの販売権を獲得し、インターネット流量インターフェースをオープンにする。京東JD.comも寺庫SECOOの助けで自社のファッションブランドイメージを向上させ、高級ブランド領域への次の一歩を踏み出しやすいようにすることが必要だ。李日学は京東JD.comの経営経験と業務の強さは、寺庫SECOOが中国で、さらにはグローバルに高級マーケットサービスを拡大し深化させる助けになると述べた。

今回の提携のもう一つの投資者であるL Catterton Asiaはフランスの高級ブランド品の巨頭LVMHが立ち上げたアジアプライベートファンドである。留意すべき詳細は、1.75億ドルは期間三年の転換社債である。京東JD.comとL Catterton Asiaは共に金額175,000,000ドルの、幾らかのAタイプ普通株への転換が可能な株式を購入した。

L Catterton Asiaは今回50万株の寺庫SECOOアメリカ預託株(ADS)を共同購入した。この債権は寺庫SECOOサイトのAタイプ普通株に転換することができ、利息は取引完了後の三年目まで8%の年成長率を維持する。

取引はもうすぐ完了する見込みで、その時には、L Catterton Asiaと京東JD.comは寺庫SECOOの5%の株を保有し、同時に寺庫SECOOの取締役を一名とオブザーバー一名を任命できる権利を獲得する。

巨頭が全て参入してこそ、より十分な競争に

中国の高級ブランド品インターネット直販では、寺庫SECOOはこれまでずっとトップの位置に君臨してきた。しかし、業界内では、総合インターネット通販であるアリババ、京東JD.comこそが、寺庫SECOOの真のライバルであると見られている。

寺庫SECOOは2017年9月22日にアメリカのナスダックで上場した。上場の前後数か月に、中国高級ブランド市場は新プレイヤー アリババと京東JD.comを迎えた。京東JD.comはFarfetchの株価を購入し、全額出資で高級ブランド品サービスプラットフォームのTOPLIFEを開発をした。一方でアリババは天猫Tmall高級ブランド擬似APP Luxury Pavilionをオンラインにして、高級ブランド品のオンラインセレクトセールスを開始した。

巨頭の参入に対し、李日学は自分は不安を感じるところか、かえってもっとやる気が出たと言う。彼からすると、高級ブランド品市場は現在分散気味で、ユーザーがネットでハイエンドの消費財を購入する比率はまだ小さいゆえ、たくさんの可能性に満ちている。マーケットに巨頭が参入してこそ、競争がより十分で、より価値のあるものとなる。

「今では、京東JD.com、天猫Tmall、アマゾンはすべて高級ブランド品業界にチャレンジしている」。李日学の目標は、多くのパートナーと一緒に高級ブランド品マーケットをより大きく、より整ったものにすることであって、他のライバルの参入によって自分たちの戦略や戦術を変えることでなない。

寺庫SECOOのライバルに関して李日学は、寺庫SECOOは高級ブランド品カテゴリに位置づけられるが、ベンチマークとされる企業はずっとアメリカン・エキスプレスとミシュランであると言う。アメリカン・エキスプレスは世界最大の旅行サービス及び総合財務、金融投資及び情報処理のグローバル企業で、ミシュランは飲食業界を専門レビューするフランスの権威ある鑑定機関である。

「この二社は共にサービスの標準化を極限まで徹底した企業である。それで、寺庫SECOOも絶対に製品を単純に売るプラットフォームでなく、ハイエンドのセレクトサービスのプラットフォームである。」

しかし、「どの企業にもその企業の時代がある。最大のライバルは、やはり自社である。」と李日学も率直に話した。

株価の低迷は一時的なもの

2018年1月22日、カルティエの親会社であるリッチモンドグループは28億ユーロで、イタリアの高級ブランドインターネット通販グループであるYoox Net-a-Porter(YNAP)の残りのすべての株を購入した。取引完了後に、YNAPはミラノ証券取引場から上場廃止した。ここに至って、世界中の公開資本マーケットで、寺庫SECOOは唯一の高級ブランドインターネット通販企業株となった。

しかし、これはウォール街の投資家が寺庫SECOOという高級ブランド品インターネット通販領域の「唯一株」を特別優遇をすることを意味しているわけではない。実際、寺庫SECOOは13ドルの初値でアメリカのナスダック市場に上場した初日に、株価は23.08%の値下がりをし、最後の終値が10ドルで、その後一か月下落傾向が続いた。寺庫SECOOの投資家であるIDGキャピタルの闫怡勝Yan Yi Shengはかつて寺庫SECOOはマーケットから過小評価されると考えていた。

今日まで、直近の 52週中、寺庫SECOO株価の最高値は14.75ドルに達した。現在は10ドル付近で推移しつつも、上昇を続けている。寄稿日の最終相場では寺庫SECOO株価は10.96ドルを記録し、上昇率9.05%、終値11.01ドルで、0.46%の微上昇だった。

これに対して、李日学は「現在のアメリカ株式市場全体はとても良いわけではなく、株価が不安定なのは正常である。寺庫SECOO株価については、やはり寺庫SECOOが実際の活動を通して体現する」と考えている。

「資本市場はとても予測しにくい。寺庫SECOOはやはり自社をしっかりやって行くとしか言えない。寺庫SECOOの株価は既に徐々に回復中で、マーケットの反応がすべてを説明している。」と李日学は36krに話した。

寺庫SECOOにとって、将来上場廃止しAに戻ることは潜在的な選択の一つなのか?李日学は回答しなかった。

寺庫SECOOの将来戦場

注目すべきことは、中古高級ブランド品リサイクルから起業した寺庫SECOOが今日まで発展し、今や単純に「高級ブランド品インターネット直販会社」と位置づけることはできなくなった。業界改革の寺庫SECOOが「高級ブランド品化」への転向の扉を開くことで、寺庫SECOOライフ、寺庫SECOO名物、寺庫SECOO芸術、寺庫SECOO農業、寺庫SECOO金融など多くの事業ユニットを形成した。

実は、寺庫SECOOの最大の収入源がオンラインモールであるにも関わらず、李日学も寺庫SECOOが高級ブランド品インターネット直販会社と呼ばれることを快く思っていない。

36Kr.comの「なぜ高級ブランド品インターネット通販サイトのレッテルから脱却が必要なのか」との疑問に対しては、「レッテルから脱却するのではなく、自社の向上を目指し続けているのだ。」と李日学は説明した。寺庫SECOOが消費者により全面的で、よりハイエンドのセレクトライフのサービスを提供したいと考え、マーケットも寺庫SECOOのようなプラットフォームを必要としている。

「これは寺庫SECOOの選択というだけではなく、マーケットの選択とエッセンスでもある」と李日学はこのように考えている。

現在、寺庫SECOOは新技術の応用と、ブランドメーカーとのコラボ提携を推進しようと探っている。直近、寺庫SECOOが上海で開催した寺庫SECOO
x Emotionally Unavailableブランド連名新商品発表会では、偽造防止トレサビリティ実現のためにブロックチェーン技術の利用を開始し、今後この技術を商品に応用しようとしている。寺庫SECOOはこれによって高級ブランドカテゴリで最初にこの技術応用を発表した企業となった。

「これ以外に、寺庫SECOOのコア事業領域も、寺庫SECOOインターネット直販、寺庫SECOOスマート、寺庫SECOO金融から、寺庫SECOOインターネット直販、寺庫SECOOスマート、寺庫SECOO金融と寺庫SECOOコミュニティの4つのビジネスユニットに拡充した。」

「単純ではない高級ブランド品こそ高級ブランド品と呼べるのだ」と李日学は語った。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録