京東商城がCEO持ち回り制度を実施 グループCMO徐雷氏が初代持ち回りCEOを兼任

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス注目記事

京東商城がCEO持ち回り制度を実施 グループCMO徐雷氏が初代持ち回りCEOを兼任

京东商城实施轮值CEO制度,集团CMO徐雷兼任首任轮值CEO

京东商城CEO(首席执行官)一职空缺近两年后,终于等来它的第一位上任者。

36氪获悉,京东今日发布公告称,京东商城将从即日起实施轮值CEO制度。京东集团管理层决定,由集团CMO(首席市场官)徐雷兼任首任京东商城轮值CEO,向京东集团CEO刘强东汇报,负责商城日常工作的开展。

徐雷现任京东集团CMO,公开资料显示,徐雷从2007年5月起担任京东市场营销顾问,于2009年1月正式加入京东,曾历任京东商城市场营销部负责人、无线业务部负责人、京东商城营销平台体系负责人。

公告显示,此次集团决定实施轮值CEO制度,是为了提升组织协同效率,推动京东商城无界零售的创新发展。

京东商城CEO职位已经空缺了将近两年,在此之前,该职位一直由沈皓瑜担任。京东商城内部邮件显示,沈皓瑜于2011年加入京东商城,任职COO(首席运营官)。2014年4月,沈皓瑜升任为京东商城CEO,刘强东卸任京东商城集团CEO一职,继续担任集团董事长兼CEO,逐步退出日常运营和管理。

但两年后,沈皓瑜又卸任了京东商城CEO一职。2016年8月,沈皓瑜给全体员工的一封内部信显示,自己因家庭原因移居美国,日后会担任京东集团国际业务总裁,支持京东海外市场的拓展。

但京东并未对外公布接替沈皓瑜出任京东商城新CEO的人选。根据《华夏时报》当时的报道,有知情人士透露称,京东商城在实现了事业部制的改革后,几大事业部的领军人未来将直接向刘强东汇报。

事实上,自沈皓瑜卸任京东商城CEO后,该职位便没有了新的继位人。如今这一职位开始采取轮值CEO制度并向刘强东汇报,看起来更像是刘强东放权后,稳定公司核心管理层、维持商城稳定发展的一大举措。

轮值CEO是起源于中国公司的一种特殊企业文化,以高层管理团队轮流坐庄的方式来产生企业最高行政首长。一般来说,轮值CEO制度最大的特征是最高行政首长并非生产经营决策者,而是扮演着一个战略策划和制度建设主持者的角色。民营通信科技公司华为就是轮值CEO制度的“领头人”,CEO由八名高管轮值出任,任职期为半年。

从华为的经验来看,该制度自建立以后,任正非适度放权,公司一直按章进行、发展较为稳定。此次京东商城亦采用轮值CEO制度,后续进展会如何,值得期待。

以下为公告全文

《关于京东商城实施轮值CEO制度并任命徐雷先生兼任首任轮值CEO的公告》

集团总部各体系、各部门、各子集团:

为更好推动京东商城业务的创新发展,全面拥抱无界零售未来,京东商城将从即日起实施轮值CEO制度,公司期望通过这一制度的实行,全面提升组织协同效率,激发团队创新活力,并为更多优秀的领军人才提供广阔的施展舞台和发展空间。经集团管理层决定,由集团CMO徐雷先生兼任首任京东商城轮值CEO,向京东集团CEO刘强东先生汇报,全面负责商城日常工作的开展。

徐雷先生自2007年5月起担任京东市场营销顾问,并于2009年1月正式加入公司,曾历任京东商城市场营销部负责人、无线业务部负责人、京东商城营销平台体系负责人、集团CMO等多个职务。凭借对于品牌建设、网络营销和互联网产品创新的深刻洞察和全面理解,徐雷先生帮助公司搭建了大市场的营销体系、移动端的产品研发体系和围绕用户全生命周期管理的平台运营体系,培养出了多支敢打硬仗、迎难而上的优秀团队,并为京东品牌的建设和塑造、向移动端转型的战略做出了突出贡献。自2017年中升任集团CMO以来,徐雷先生带领团队以积极务实的心态,大力夯实基础,并不断进行创新突破,为集团和商城构建了强有力的运营及营销竞争力。

期待徐雷先生充分发挥管理和业务运营经验,带领商城团队继往开来,再创新的辉煌。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

京東商城CEO(最高経営責任者)の席は、ここ2年間空席となっていたが、ついに徐雷氏が、その一人目となる。

ウェブメディア36krによると、京東商城は2018年7月16日からCEO持ち回り制度を実施すると発表。京東グループ管理層は、グループCMO(首席市場官)の徐雷氏が京東商城の持ち回りCEOを兼任し、商城の日常業務の責任者とする決定を京東グループCEO劉強東氏に報告した。

公開データによると現京東グループCMO徐雷氏は、2007年5月から京東マーケティングコンサルタントを務め、2009年1月正式に京東に入社。京東商城マーケティング部、無線業務部、京東商城マーケティングプラットフォームシステムの責任者を歴任してきた。

発表によると、グループの経営効率を高めるためにCEO持ち回り制度を実施すると決定。京東商城による枠を超えた小売りの革新的な発展を推進することとした。

京東商城のCEOはすでに2年近く空席となっていたが、それまでこのポストは沈皓瑜氏が務めていた。京東商城の内部メールによると沈皓瑜氏は2011年に京東商城に入社し、COO(最高執行責任者)を務めた。2014年4月、沈皓瑜氏が京東商城CEOに昇任すると、劉強東氏は京東商城グループのCEOを退任しグループ社長兼CEOを務め、日常運営と管理の第一線から徐々に退いてきた。

しかしその2年後、沈皓瑜氏は京東商城のCEOを退任。2016年8月、沈皓瑜氏が全社員にあてた内部メッセージによると、自身の家庭の理由でアメリカに移住した以降は京東グループ国際業務総裁を務め、京東海外市場の開拓に力を注ぐと述べている。

しかし京東は、京東商城における新CEOの就任候補者を公表しておらず、「華夏時報」の当時の報道によると、関係者は京東商城は事業部制の改革を実現したのち、複数のメイン事業部の責任者の人事決定については劉強東氏に直接報告することになると明らかにした。

実のところ、沈皓瑜氏が京東商城のCEOを退任してから、そのポストに就任する者はいない。そして今、このポストには持ち回り制度を採用する決議を劉強東に報告した。劉強東が権力を分散させ、会社の中核管理層を安定させて商城の安定的な発展を維持させようとする狙いがある。

CEOの持ち回り制度は、中国の会社に見られがちな特殊な企業文化であり、トップ管理チームが交代でその長を務める方式で企業最高行政の首長を定める。一般的に最高経営責任者は経営決定者ではなく、戦略的な企画や制度つくりの役を担うのがその特徴である。民間通信科学技術会社のファーウェイは、CEO持ち回り制度の「先駆者」とも言われ、CEOは8名が持ち回りで任されることになっており、その在任期間は半年である。
華為の経営経過からみると、この制度を発足して以来、任正非は緩やかにその権力を分散させ、経営は規定通りに行われ、会社の発展は比較的安定しているといえる。今回、京東商城が持ち回り制度を採択したことで、今後の発展がどう進むのか期待が寄せられる。

以下、発表全文

≪京東商城CEO持ち回り制度の実施と徐雷氏が持ち回り制度の初代CEOを兼務することについての通達≫

グループ本社、各部門、各子会社へ

京東商城事業の革新的な発展を促進するために、枠をこえた小売業の未来を全面的に抱擁し、京都東商城は本日からCEO持ち回り制度の実施。これにより組織の協同効率を全面的に向上させ、チームの革新的な活力を引き出し、より多くの優れたリーダーたちのために広いステージを整え、力を発揮することを期待している。グループの管理層は、グループCMO徐雷氏が初代京東商城の持ち回りCEOを兼任し、商業城の日常仕事の展開を全面的に担当するとの決定を京東グループのCEO劉強東氏に報告した。

徐雷氏は、2007年5月から京東市場のマーケティングコンサルタントを務めている。2009年1月に正式に入社し、京東商城市場のマーケティング部の責任者、無線業務部の担当者、京東商城マーケティングプラットフォームシステム責任者、グループCMOなど様々な職務を歴任している。ブランディング、オンラインマーケティングとインターネット製品のイノベーションに対する深い洞察力と全面的な理解によって、徐雷氏は、マーケティングシステムの建設と造形、モバイル商品の開発システムとユーザーのライフ周期管理運営システムの構築に貢献。多くのすぐれた人材を育て上げ、京東ブランドの強化につとめ、モバイル戦略上際立った成果をあげた。2017年にグループCMOに昇任して以来徐雷氏は、積極的な姿勢で基礎固めを行い、革新的な突破を続け、集団と商城のために強力な運営とマーケティング競争力を構築してきた。

徐雷氏には、その管理力及び業務運営の経験を存分に発揮し、商城チームをけん引しながらさらなる輝かしい未来を創造することを期待する。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録