小売業向けSaaSの有望株、バドワイザーら67万業者にサービスを提供する「慧策」が約104億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

小売業向けSaaSの有望株、バドワイザーら67万業者にサービスを提供する「慧策」が約104億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

一体化スマートリテールサービスを提供する「慧策(Huice)」がシリーズCで約1億ドル(約104億円)を調達した。リード・インベスターは「シンガポール政府投資公社(GIC)」、コ・インベスターは「高瓴創投(Hillhouse Capital)」、「君聯資本(Legend Capital)」、「ソフトバンク・ベンチャーズ・アジア(SBVA)」など。同社はこれまでにSBVAが主導するシリーズA、および君聯資本が主導するシリーズBで合計約4000万ドル(約41億5000万円)を調達している。

慧策(旧社名「旺店通(Wangdiantong)」)は2012年に設立され、最初はSaaS型ERPサービス「旺店通」で電子商取引(EC)業者の注文管理のペインポイントから切り込み、その後、EC経営管理におけるコアマネジメントの要求を中心に徐々に事業を拡張してきた。

現在、同社の製品ラインは注文管理、倉庫管理、会員管理、チャネル管理などをカバーしており、ミニプログラム「店+」、流通システム「閃店通」、デジタルスマートPOSシステム、顧客関係管理システム「客優」、ビッグデータ分析ツール「雲籌大数拠」などの製品を生み出している。

同社提供の情報によると、現在すでに「慧策」は小売の全分野、全規模の顧客をカバーし、67万以上の企業にサービスを提供しており、このうち76%を大・中型顧客が占めている。これには食品大手「中糧(COFCO)」、ジョンソン・エンド・ジョンソン、バドワイザーなどの大企業と共に、コーヒー製造販売の「三頓半(Saturnbird)」などの新興消費ブランドも含まれている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録