知乎が新ラウンドで3億ドルの資金調達、企業価値は25億ドルに迫る

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

知乎が新ラウンドで3億ドルの資金調達、企業価値は25億ドルに迫る

知乎完成新一轮近3亿美元融资,估值接近25亿美元

36氪从多个关键信源获悉,知乎新一轮融资已经完成,融资额接近3亿美元,本轮估值接近25亿美元。领投方为一家新基金,多家老股东跟投。

不久之前,界面曾报道知乎新一轮融资接近尾声,估值约20亿美元,上一轮资方今日资本和腾讯继续参与了本轮融资。但随后知乎官方对36氪表示“消息不实”。目前看来,应是部分交易细节仍处于最后调整阶段。

36氪获悉,这一轮融资知乎花了大量的时间挑选资本层面合适的合作伙伴。一名知情人士对36氪称,知乎的收入在以数倍的同比速度增长,不急于找钱;在融资过程中有许多可选的资方对象,但知乎希望能拿到更好的条件、获得更多协助。

距离知乎18个月前的上一轮融资,知乎此轮估值有成倍增长——创新工场李开复曾透露,D轮融资后知乎的估值超过10亿美金。据鲸准数据,2017年1月,今日资本成为知乎新的D轮领投方,而包括腾讯、搜狗、启明、赛富、创新工场等在内的老股东都参与了该轮融资。

36氪独家|知乎完成新一轮近3亿美元融资,估值接近25亿美元

一年半前的知乎上一轮融资之时,知识付费正值风口,最初有果壳的“分答”爆红。此后,今日头条也推出悟空问答,罗辑思维的得到、薄荷阅读等新项目也都靠做知识付费获得可观收入。当时,知乎的故事里,知识付费、内容创业是重要组成部分。

过去一年多,知乎的收入增长则主要来自广告销售。据36氪获悉,知乎去年的销售目标已经达成。这部分源于知乎搭建了更健全的广告销售团队,部分源于知乎数据的增长。

D轮融资后的一年里,据QuestMobile的数据,知乎的月活跃用户数一直在稳步上涨。但从爆发性上,知乎的增速不如抖音、快手,没有蹭到过去一年短视频领域的红利。

36氪独家|知乎完成新一轮近3亿美元融资,估值接近25亿美元

问答APP月活跃用户走势图

近期,知乎正在试图进入“下沉市场”,以增加自己的用户量、活跃度。做这套动作的背后,对应的是知乎试图大幅增加自己广告收入的逻辑——今日头条已经证明,靠流量增长来实现广告收入大幅增长是一条可行之路。

“知乎用户结构发生了大幅变化,大量二三线城市的用户在知乎进行讨论、分享和交流,年轻用户的占比也正在提高。” 知乎创始人周源在今年5月的盐Club大会上透露,目前,知乎的注册用户数达1.6亿、年增长达到95.12%,知乎回答总数也在5月8日正式突破1亿。

知乎曾称,知乎现阶段的大方向是知识普惠。所谓的“知识普惠”,意即要将知乎擅长的问答、知识付费等能力下沉,为更多的三四线城市及以下的用户提供知识,这些用户需要的不仅仅是娱乐化内容。

商业化是今年知乎的重点方向之一。在今年4月的知乎营销峰会上,广告界“洗脑广告”的代表人叶茂中、分众传媒江南春都为知乎站台,讨论广告营销话题。近日知乎在世界杯期间的央视广告投放引起了一部分人的争议,广告操刀人叶茂中曾回应称,知乎要由小众走向大众,知乎总裁及今日资本徐新对于广告的投放效果也很满意。

但在用户数据增长、广告销售增长的同时,知乎也有自己要面临的问题。比如,在新用户增长和老用户对其“内容水化”抱怨之间,如何寻找解决方案。在今年上半年,周源和知乎其他高管曾提到过今年的重要战略方向:智能社区。 “智能社区”的含义是,知乎在试图用AI,来面对翻倍增长的用户量,并让不同类型、新老用户都满意。

还值得关注的是:当一批新公司依赖微信流量获得暴涨之时,知乎是否能从其股东腾讯身上,获得明显的流量支持。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

36Krは多くの関連ソースから、知乎(zhihu)が新ラウンド融資を完成させた事を確認した。今回の融資金額は約3億ドル、評価価格は25億ドルに迫る。投資方は新規基金や多くの古参株主など。

最近、界面曾報道が「知乎の融資が最終局面を迎えており、価値は約20億ドルでキャピタルトゥデイ(今日資本)とテンセントが引き続き今回の融資に参加する」と報じた。しかし、その後、知乎広報は36Krに「情報は事実ではない」と話した。現在、一部の取引詳細は依然として最終調整の段階のようだ。

この融資に知乎は時間をかけて条件に合うパートナーを選択しているようだ。事情通は36Krに次のように話した。「知乎の収益は何倍もの比率速度で成長しており、金策に焦っていない。融資獲得のプロセスでは選択肢も多く、より好条件で、多くの融資を獲得しようと考えている」と話した。

前回のラウンドから18ヶ月、知乎は本ラウンドで倍の成長をとげた。創新工場(中国の投資会社)の李開復氏はかつて、Dラウンド融資後に知乎の価値は10億ドルになるだろうと話した。鯨准数据(JING DATA)によると2017年1月、キャピタルトゥデイがDラウンドの投資者となり、そしてテンセント、捜狗、啓明、賽富、創新工場などを含む古参の株主や投資者も皆このラウンドの投資に参加した。

一年半前、知乎の前ラウンドの時、知識コンテンツは激戦区で当初、果殻(科学技術に関するサイト)の”分答(Fenda)”が人気だった。その後も今日頭条(Jingri Toutiao:ニュースサイト)が”悟空問答”を、羅輯思維(youtuber)は”得到”、薄荷閲読等も次々と知識サービスに関するコンテンツをリリースし、かなりの収入を得ることができた。当時、知乎のストーリー上、知識コンテンツ、コンテンツ新規作成はとても重要な部分だった。

過去一年間ほど、知乎は広告収入を主とする売上が倍増し、去年の売上目標は既に達成している。これは知乎の設立した、より健全な広告販売グループと知乎データの成長によるものだ。

QuestMobileのデータによると、Dラウンド融資後の一年以内で知乎のマンスリーアクティブユーザーはゆっくりと上昇し続けていた。しかし爆発性においては知乎のユーザ増加速度はTikTok、快手(写真共有App)には及ばず、過去一年でショート動画領域の利益にキャッチアップできていない。

近年、知乎はユーザーの増加とアクティブ度を増加させる事で、”市場へ浸透”する狙いだ。この動きの背景には多くの広告収入獲得を狙う知乎のロジックがある。今日頭条が既に証明したように、ユーザー増加に伴って広告収入の大幅増加実現の道をたどっている。

“知乎ユーザー構造に大きな変化が起こっている、多くの2級、3級の比較的豊かな都市のユーザは知乎で討論、シェアや交流を行い、若いユーザーの占める比率がどんどん高くなっている。”と知乎の創始者・周源氏は話した。現在、知乎の登録ユーザー数は1.6億、年間増加率は95.12%。知乎回答の総数も5月8日当日に1億を突破した。

知乎は以前次のように話した。知乎の現段階の大きな方向性は”知識の普及と恩恵”だ。いわゆる”知識普恵”は、知乎の強みの問答(Q&A)、知識コンテンツの浸透、更に3級・4級都市及びそのユーザーに知識を提供する事で、これらのユーザーのニーズは娯楽だけに限らない。

商業コンテンツ化は知乎が今年重視している方向性の一つだ。今年の4月知乎はマーケティングサミットで、広告業界の”洗脳広告”代表・葉茂中氏、分衆伝媒の江南春都氏を招き、、広告マーケティングのトピックスについて討論した。知乎がワールドカップ期間中にCCTVで放送した広告が一部で炎上した、その事について広告代理の葉茂中は「知乎は大衆に向かっていく必要があり、知乎のトップと今日資本の徐新は広告の効果にとても満足している」と答えた。

しかしユーザーの増加、広告売上の増加と同時に、知乎は自社の問題に面している。新規ユーザーと古参ユーザーの”オワコン化”の不満を、どの様に解決するのか。今年の上半期、周源と知乎のその他担当者は、今年の重要な戦略”スマートソーシャル”について作戦を練った。”スマートソーシャル”とは、AIが倍増し続けるユーザーに対応する事で、異なるタイプのユーザーや新旧ユーザーを満足させる戦略だ。

注目したいのは、新企業がWeChatのトラフィックに頼ってバズる時、知乎はその株主のテンセントから、明確なトラフィックサポートを得られるかどうかだ。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録