“京東到家”の「クイック購入+セルフレジ」が100社、2000店舗に進出

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

マーケティング

“京東到家”の「クイック購入+セルフレジ」が100社、2000店舗に進出

京东到家轻松购、自助收银将进驻100商家2000门店,“刷脸支付”已落地使用

刚完成新一轮智能货柜技术迭代的京东到家,在自助收银、刷脸支付等技术应用上又有了新的进展。

无界零售即时消费平台京东到家日前宣布,其以扫码自助购物为主要功能的“轻松购”和自助收银系统,已与绿地鲸选、福伴、加贝、鲜丰水果等超过100个零售商家达成合作,将在超2000个实体门店落地,覆盖北京、上海、深圳、扬州、福州等全国30个主要城市。

此外,京东到家已与微信支付、京东支付达成合作,实现“刷脸支付”的落地。目前,与微信支付合作、具备“刷脸”功能的自助收银设备,已在北京华冠部分门店投入使用,未来将加速向全国铺开。京东声称,该项技术识别的准确率能达到99.99%以上。

在实体零售企业都在寻求零售改革的大背景下,传统超市如何抓住机会,实现数字化、电商化的升级转型,成了迫在眉睫的问题。

一个痛点是,实体零售门店在线下经营过程中,只能通过开通线下会员的方式了解顾客信息,很难识别出具体的顾客画像,这导致门店无法对顾客进行管理、开展有人群针对性的精准营销,浪费了顾客到店购物的消费数据。

京东到家给出的解决方案是,以轻松购+自助收银为端口,帮助实体商家实现顾客的数据化,以求达成到店消费者从“来客”到“会员”的转变。

据京东介绍,“轻松购”和自助收银系统,不仅能帮助门店实现顾客数据化,还能免除排队支付环节、提高门店收银结算效率,提升门店的人效、坪效,降低人工成本,完善消费体验。

官方信息显示,京东到家“轻松购”与自助收银系统此前已在华冠、上蔬永辉、中商、大桥道、好收成等商家上线,使得收银结算效率普遍提升40%,缓解了高峰时段收银排队现象;在中商平价南湖店,轻松购+自助收银订单量占比近20%,人效得到较大提升。

过去两年,京东到家一直着重在一线城市的布局,布局完毕后,开始进攻消费能力同样强劲的二三线城市。目前来看,已进入成都、武汉、天津、南京、重庆等全国主要二三线城市的京东到家,又率先在一线城市逐步进行新一轮技术迭代升级,而后覆盖全国。

达达-京东到家CEO蒯佳祺表示,京东到家已形成一套较为完整的线上线下一体化、数字化的服务体系,以帮助实体零售商实现数字化升级和转型。未来,京东到家将继续优化解决方案,以提供更具针对性的服务。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

スマート商品棚を送り込んだ京東到家が、セルフレジで顔認証技術を応用した新展開を見せている。

無境界型店舗のプラットフォーム京東到家は、スキャンで自動購入できる機能をメインとした「クイック購入」とセルフレジシステムを、緑地鯨選、福伴、加貝、鮮豊水果など100社を越える小売スーパーと提携し、2000店舗、北京、上海、深セン、揚州、福州などの全国30都市の実店舗で導入する事を発表した。

その他にも、京東到家はWeChat PayやJD Payと提携して”顔認証決済”のサービスを実現させた。現在、WeChat Payと協力して”顔認証”機能を持つセルフレジを北京華冠の店舗に導入しており、近く全国展開に向けてスピードを上げている。京東到家”顔認証技術”の識別的確率は99.99%以上だと発表している。

小売企業は業界改革の大きな背景のもと、旧来のスーパーがどのようにチャンスを掴むか、データ化を実現するか、EC化へのアップグレード展開等が目下の問題となっている。

ウィークポイントとして実店舗の運営では会員制度を通してしか顧客情報を獲得できず、具体的なペルソナを識別する事が難しかった。そのため店舗は顧客管理ができず、各ペルソナに向けたマーケティングができず、顧客の購買データを浪費していた。

京東到家の打ち出した解決方法は、クイック購入+セルフレジで実店舗での顧客のデータ化を実現、来店した消費者全てを”来客”から”会員”へ変化させた。

京東到家の紹介によると”クイック購入”とセルフレジのシステムは、購入のデータ化だけでなく、レジに並ばずにすみ、店舗のレジ精算効率向上、客単価の向上や、コスト削減など、消費体験を改善できる。

公式情報によれば、京東到家の”クイック購入”とセルフレジは既に、華冠、上蔬永輝、中商、大橋未知、好収成などのスーパーで使用され、レジ効率を40%上昇させ、ピーク時のレジ混雑を緩和させた。中商の南湖店では、クイック購入とセルフレジを使った購買率は20%近くを占めており、客単価の向上もあった。

過去2年間、京東到家は1級都市での普及に専念していたが、普及が完了した後は、同等の消費力を持つ2級3級都市への進出を始めた。目下、成都、武漢、点心、南京、重慶などの主要都市がある。先ずは1級都市で技術革新をし、その後全国展開をするのが主な流れだ。

京東到家のCEO蒯佳祺氏はこう語った。京東到家はオンオフライン一体化、データ化のサービスシステムを完成させており、実店舗のデータ化へのアップグレードを手助けしている。将来、京東到家は引き続きより良い解決方法をみつけ、よりターゲットを定めたサービスを提案していく予定だ。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録