”DJI”の新しいドローン発売日が1か月遅延、主な原因は生産能力

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス

”DJI”の新しいドローン発売日が1か月遅延、主な原因は生産能力

大疆的新无人机跳票一个月,主要原因是产能问题

大疆创新,这家消费无人机领域市场占有率最大的公司,新产品遇到了一点问题。36氪从大疆内部人士获悉,一款价格比精灵系列稍低、面向中端消费级市场的无人机新品,因为产品产能问题,原定7月18的发布活动和上市将延期,最终日期可能在9月初。

大疆官方向36氪确认了发布会延期的事实,称原因是公司希望产品可以在发布会之后立即开卖,但暂时产能不足。但没有确认具体的发布时间。

今年初,外媒曾传出消息称大疆的下一款产品,也就是“御”Mavic Pro的升级款产品将在三月中旬发布,大疆没有发表评论。6月,大疆向媒体递送的发布会预留邀请函泄漏,显示7月18日可能发布新产品,但最终延期。

Mavic Pro是大疆产品序列中价格和功能都位于中间位置的产品,不仅是最畅销的型号之一,也一定程度上代表新技术的演进方向:原本有两家公司设计了类似的产品,但Gopro旗下的Karma无人机已经取消,Mavic Pro已经成为是行业里唯一能够折叠的全功能无人机。

36氪独家 | 大疆的新无人机跳票一个月,主要原因是产能问题

大疆 Mavic Pro 和 大疆 Spark

Mavic Pro是大疆消费级产品序列中价格第二顺位的系列,此外还有价格更高的“精灵”系列和价格更低的“御”Mavic Air以及“晓”Spark。虽然Mavic Air因为价格更低是大疆旗下销量最高的无人机,但Mavic上使用的避障、云台、智能拍摄等功能都是首先在Mavic Pro上实现,随后进一步小型化的。而上一款“御”Mavic Pro的发布已是近两前的2016年9月,这个更新周期比大疆以往的周期更长。

此前,这个传闻中的Mavic Pro的升级产品曾从供应链方面曝出谍照。谍照显示,这款产品依然是一款可以折叠、注重便携的无人机产品,同时减震云台和相机部分看起来较前代产品有较大不同,猜测可能实现拆卸和替换。此外,新产品的机身侧面也出现了距离传感器,可能比前代产品的避障性能更好,可以躲避前、后、侧方向的障碍物。

36氪独家 | 大疆的新无人机跳票一个月,主要原因是产能问题

新款 Mavic Pro 谍照/图片来自 DroneDJ

从产品定位上来看,大疆现在需要这款新产品补充产品线。Mavic系列有高低两款产品Pro与Air,Mavic Pro在2016年9月发布,更小更便携的Mavic Air在2017年6月发布。但实际上,价格更便宜的 Mavic Air在发布之后出现了价格和功能的倒挂。

Air比Pro体积更小,折叠后的长度减少了15%;重量减少40%至430克,但同时续航时间几乎一样,极限速度还更快;同时Air的智能相机功能更多,还提供Pro没有的向后避障功能。更重要的是,Mavic Air的售价为4999元起,比Pro的6499元便宜了20%以上。如此一来,Mavic Pro和Air已经出现内耗。

大疆内部人士对36氪表示,大疆希望这款产品扩大销量,希望它在发布会之后立即开卖。但目前产能遇到瓶颈,大疆认为无法满足用户购买需求,所以选择延期。事实上,2016年9月发布的Mavic Pro在发布之后就遇到供货问题,前三个月都大范围缺货。大疆内部人士表示,大疆认为缺货对这款产品负面影响很大,所以选择延期发布会,而不是采用发布会之后限量购买的策略。

而作为消费级无人机行业份额最大的厂商,新的Mavic Pro对大疆的意义在于,利用阶梯更明显的产品线和更易用的功能,让原本对无人机不了解的消费者接受它作为流行的消费电子产品,从而挖出更多的潜在消费者。

另外,新Mavic Pro可能提供可替换的相机组件,这可能代表大疆要从配件方向寻找更多的收入。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

DJIはドローン分野でのマーケットで最大比率を占める企業であり、今回発売しようとする新製品に問題が生じた。36krがDJIの関係者から把握したところでは、このシリーズは前の小型シリーズと比べるとコストが低く、中級消費者向けマーケットをターゲットとしたドローンの新製品である。しかし、製品の生産性に問題があるため、7月18日の新製品発表会と発売を延期し、最大で9月初旬まで延期する可能性がある。

36krはDJI社に新製品発表会延期の事実を確認したところ、延期の理由は製品を新製品発表会後に発売を開始したいが、しばらくは生産力不足の課題に直面しているとの回答を得た。まだ具体的なリリース時期を決めていない。

今年の初めに、外部メディアによると、DJIの次のシリーズ製品であるMavic Proのアップグレート版製品は3月中旬に発表されるとのニュースが流れたが、DJIはそれに対する反応を示さなかった。6月、DJIがメディアに送った新製品発表会の招待状の情報が漏れ、それによると7月18日に新製品を発表する予定だったが、最終的には延期となった。

Mavic ProはDJI製品シリーズ内では価格と性能共に中間に位置する製品で、最も売れているモデルのひとつである、ある意味では新技術の進むべき方向を表している。というのも、元々二つの会社が似たタイプの製品を設計していて、Gopro傘下のKarmaのドローンはすでに取り消され、Mavic Proは業界で唯一折り畳み式全機能ドローンとなった。


DJI Mavic ProとDJI Spark

Mavic ProはDJIの一般消費者向け製品シリーズ内で価格が二番目のシリーズである。これ以外には価格が最も高い軽量シリーズと価格がより低いMavic AirシリーズとSparkシリーズがある。Mavic Airシリーズは価格が最も低く、DJIでは販売数量が最も多いドローンではあるが、Mavicの使用上における障害物回避、クレードルヘッド、スマート撮影などの機能はまずMavic Proシリーズで実現し、その後小型化した。しかし、前シリーズの「御」Mavic Proの新製品発表は約2年前の2016年9月のことで、この新製品発表周期がDJIのかつての周期より長い。

少し前、Mavic Proのグレードアップ製品がサプライチェーンの中でスパイ疑惑があったとの噂があった。スパイは、このシリーズ製品は同じく折り畳み式で、ケータブル性を重視したドローンであり、同時にブレ防止のクレードルヘッドとカメラ部分も前シリーズ製品と異なっていて、恐らく取り外し及び取り換えができるようにしたと推測される。また、新製品の機体側面に距離感知センサーが追加され、前シリーズ製品と比較した場合障害物回避性能が更によくなり、前後左右全方向の障害物を回避できる。


新シリーズ Mavic Proの発売前の製品写真 /写真入手先:DroneDJ

製品ポジショニングから見ると、DJIはこのタイプの新しい製品で製品ラインラップを補完する必要がある。Mavicシリーズには高価とリーズナブルの二タイプ製品であるProとAirがある。Mavic Proは2016年9月に新製品発表され、より小さくより携帯しやすいMavic Airは2017年6月に新製品発表がリリースされた。実際のところ、価格がリーズナブルなMavic Airが発売された後に、価格と機能が反比例であることがわかった。

AirはProより体積が更に小さく、折り畳んだ後の長さが15%減っている。重さは40%減って430グラムであるが、同時に連続で飛行する時間はほぼ一緒で、限界速度がより早い。また、Airのスマートカメラ機能が更に多く、Proにはない後方障害物回避機能を持つ。更に重要なのは、Mavic Airの価格は4999元からであり、Proの6499元に比べると20%安くなっている。これにより、Mavic ProとAirの間では内部衝突が起きている。

DJIの関係者は、DJIはこのシリーズを拡販したいため、新製品発表後に直ちに発売を開始したいと36Krに話している。しかし、今のところは生産性がボトムネックとなり、DJIはユーザーの購買要望に応えることができなくて、延期することを選択した。事実上、2016年9月に新製品発表したMavic Proがリリースされた後に供給課題が発生し、最初の三か月間は大規模な欠品が発生した。DJI関係者によると、供給課題がこのシリーズ製品へのマイナス影響が大きいと考えたゆえ、新製品発表会の延期を選択し、新製品発表会後の数量限定販売という戦略を取らなかった。

一般消費者向けドローン業界の売上金額で最大の割合を占めるメーカーとしては、新しいMavic ProのDJIにとっての意義は、階段式に更に明確なラインラップと更に使いやすい機能を使うことによって、本来ドローンを知らない消費者にも流行りの消費者向け電子商品として受け入れてもらうことによって、さらに多くの潜在消費者を見出すことにある。

また、新Mavic Proは交換可能なカメラアクセサリーも提供する可能性がある。DJIはアクセサリー分野にも手を伸ばし、収益を伸ばす考えだ。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録